サイト内
ウェブ

不思議で可愛い小人の世界に迷い込む♪ 春華堂が手掛ける新施設「SWEETS BANK」

  • 2021年10月18日
  • ことりっぷ


浜名湖名産うなぎパイで知られる「春華堂」が2021年4月、直営の店舗やカフェが楽しめる複合施設「SWEETS BANK」をオープン!敷地内には、ショッピングバッグや椅子などを13倍にスケールアップした巨大オブジェが点在。足を踏み入れれば、まるで小人の世界へふらりと迷い込んだような気分になります。おいしいスイーツを食べながら、ステキな思い出もカメラの中に。非日常あふれる空間で、ワクワク楽しい時間を過ごしませんか?
「SWEETS BANK」は、2021年4月に開業した話題のスポット。老朽化した「春華堂」の本社を建て替えるにあたり、「見て楽しい、食べておいしい、これまでにないないものを作りたい!」という思いで、構想から数年をかけて作られました。
うなぎパイを食べるのは、家族団らんの場。建物の外観も、家族団らんをイメージしたダイニングテーブルと椅子になっています。
さらにミルクの瓶や、同じ敷地内にある「浜松いわた信用金庫」前に置かれた真っ赤なブタの貯金箱も巨大化!
大きいだけでなく、リアルさも追求されており、それぞれの質感や柔らかな曲線にいたるまで、びっくりするほど精巧に再現されています。
入ってすぐの場所は、誰でも気軽に利用できるフリースペース。ホテルのロビーのようなおしゃれなデザインで、洗練されたほっと落ち着く空間です。
フリースペースの左手にあるのは、「春華堂」直営のカフェ&ベーカリー「とらとふうせん」。ひと際存在感を放つ、大きなポットとコーヒーカップが目印です。
看板メニューは、バターたっぷりのブリオッシュ食パン。1日2回、11時30分と13時30分に焼き上がります。
さらにこちらのお店は、ブリオッシュを使った料理やスイーツを味わえるのも魅力。うなぎパイをトッピングしたコーヒーラテと一緒に、お気に入りのスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。
カフェの反対側にある、春華堂の旗艦店「SHOP春華堂」は、浜松のお土産や贈り物を探すのにぴったり。棚にはオリジナリティに富んだ商品が置かれ、ショーケースには色とりどりのスイーツが並びます。
うなぎパイのイメージが強い「春華堂」ですが、その原点は和菓子。もともと創業当初は甘納豆からスタートし、今では130年以上もの歴史を誇ります。
「SHOP春華堂」では、定番の和菓子に加えて、自由な発想を大事にした創作和菓子も人気です。なかでも目を引く上生菓子は、「スイーツバンク」の巨大オブジェを手のひらサイズの和菓子にした、ここでないと買えない逸品。どれもユーモラスなデザインで、食べるのがもったいないぐらいのかわいらしさ!
季節ごとに丁寧に作られる「フルーツおはぎ」は、革新的な創作和菓子。ひと口ほお張れば、昔なつかしいおはぎのイメージを覆す、新らしい味わいにビックリするはずです。
夏はレモンや桃、秋はシャインマスカットや無花果&ピーカンナッツのおはぎを楽しめますよ。
焼き立てのフィナンシェが食べられるのも、「SWEETS BANK」ならではの魅力のひとつ。ベルの音と「焼きたてのフィナンシェがまもなく焼き上がります」の声が聞こえたら、焼き上がりの合図。前に並んで、コロンと可愛らしいキノコ型のフィナンシェを手に入れてくださいね。
「SWEETS BANK」は和菓子も洋菓子も、どちらも楽しめるスイーツ天国。あなたもお気に入りのスイーツを探す浜松の旅に出かけてみませんか。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.