サイト内
ウェブ

テラスに座ってモーニングタイム。鎌倉・由比ガ浜にオープンした一軒家カフェ「ブリーズバード カフェ&ベーカリー」

  • 2021年10月9日
  • ことりっぷ


朝のモーニングタイムにはテラスのソファに座って焼きたてのパンとコーヒーがいただける「ブリーズバード カフェ&ベーカリー」が鎌倉の住宅街にオープンしました。カフェとは言いながらも横須賀の港で水揚げされた新鮮な魚や地元産のフレッシュな野菜をふんだんに使ったランチは、一つひとつの食材の味をしっかりと活かした本格的なレストランの美味しさ。早くも近隣に住む人々からの注目を集めています。
江ノ電の和田塚駅を藤沢方面に降りるとすぐ目の前に門のある「ブリーズバード カフェ&ベーカリー」。都内のレストランで修業を積んでいだ若きシェフ片岡聖斗さんがそのお店のシェフの古くからの知り合いに腕を見込まれ、内装からコンセプトまですべて任されて一からつくりあげたカフェレストランです。お店の横を江ノ電が通りのんびりとした鎌倉らしさも漂います。
お庭に面した南側には、ふかふかのソファを置いたテラスが設けられています。鎌倉の日本家屋らしい松の木やアジサイに交じってローズマリーなどのハーブも植えられ、料理に使うときはここから調達するのだそう。
一軒家を改築したお店は、片岡さんも建築家の方と一緒に北海道まで出向いて選んだというやさしい風合いの木材がたっぷりと使われ、ナチュラル感がいっぱいです。
とくにカウンターは目線の先の角を落としたなだらかなカーブになっていて、座ると見た目以上に広く感じますよ。
オープンとともに入口すぐにあるカウンターには焼きたてのパンが並びます。サンドイッチにしてもよさそうな大きなカンパーニュや香りのいいシナモンロールなど10種類以上。好きなパンにドリンクや「スープ」(400円)、「サラダ」(500円)をつけて小鳥のさえずりを聞きながら気持ちのいい朝を過ごしてはいかがでしょうか。
パンはドリンクと一緒にテイクアウトもOK。お店から歩いて10分ほどで行ける由比ガ浜で、海を眺めながらのんびりといただくのもおすすめです。
評判のランチは前菜・メイン・デザートの3皿がセットです。前菜は横須賀のナガシマ農園から直送される野菜と、鎌倉駅前の直売所レンバイで購入する新鮮な鎌倉野菜を焼く、蒸すなど素材に合わせた調理でそれぞれの美味しさを引き出しています。さらにキッシュや魚も添えられ前菜と思えないほどのボリューム。この一皿だけで満足するほどです。
メインの料理はパスタ、魚、肉の3種類から選べます。なかでも人気の魚ランチは相模湾で獲れた新鮮な魚を横須賀の漁港から直接仕入れ、身の丈ほどもある大きな魚や時には釣り好きな片岡さんが釣ったヒラメなどを扱うこともあるのだそう。分厚くカットした魚の皮面はパリッと身の部分はふんわりとした食感で、取材で伺った日はクルミのソースがかかりさらにバターナッツカボチャのソースも添えられていました。
ランチ3皿目のデザートは、庭で摘んだ花をトッピングした華やかな一皿。
このデザートは午後のティータイムにスイーツとしてもいただけます。庭の緑を眺めながらのんびりと過ごしてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.