サイト内
ウェブ

京都産抹茶をぜいたくに使った極上カステラ「黄金色の伝説」/京都府

  • 2022年1月18日
  • ことりっぷ


おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、全国各地のおいしい・かわいいおやつをご紹介します。今回は上質な抹茶の香りと味わいが楽しめるの「黄金色の伝説(カステラ/抹茶)」をお届けします。
老舗の呉服商が立ち並ぶ京都・室町通りの一角に本店を構える京都室町御菓子司「然花抄院」は、看板メニューの半熟カステラが有名な和菓子店。築300年のむしこ造りの町家を改装したお店には茶寮が併設され、風情ある中庭を眺めながら、お抹茶とともに極上のカステラを味わう贅沢なひとときが過ごせます。
今回ご紹介する「黄金色の伝説(カステラ/抹茶)」は、京都宇治産抹茶を使用した抹茶づくしのカステラで、然花抄院を代表する一品。パッケージもスタイリッシュで、モダンな京都みやげとして人気を集めています。
上質な抹茶の香りと味わいが楽しめるこのカステラは、しっとりとした食感も特徴です。熟練の職人が厳選素材を独自に配合し、その日の卵の状態を見極めて焼成時間を調整することで、独特のきめ細かな食感が実現するのだそう。
この抹茶カステラで抹茶アイスをはさんだ冷菓「雪花霜(セッカソウ)」も、然花抄院の人気商品です(オンラインストア限定商品)。寒い冬には、熱い日本茶やコーヒーとともに味わってみたいですね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.