サイト内
ウェブ

野菜の力で身体健やかに♪フレンチスタイルのヴィーガンレストラン「monologue」

  • 2021年8月27日
  • ことりっぷ


愛知県南部にあり、里山の景色があちこちに残る幸田町。この土地に残る古い民家を改装した一軒のレストランをご紹介します。ここで楽しめるのは前菜からデセールまで、近郊で採れた無農薬や有機栽培の食材が彩るコース。旬の野菜の美味しさを体いっぱいに感じられ、心と体を整えてくれる時間となってくれますよ。
名古屋からは車で1時間ほどの場所にある幸田町は、三河湾を一望できる展望台が絶景スポットとなっている三ヶ根山など、自然豊かな土地。今回紹介するレストラン「モノローグ」は、そんな三ヶ根山麓に広がるのどかな集落の田畑の中にポツンと佇むお店です。
オーナーシェフの神谷さんは、隣町の愛知県西尾市出身。フランスで料理を学び、その後西尾市内のヴィーガンレストランでシェフとして活躍。農家さんとのネットワークを作り上げ、自らも農業に携わってきました。
そんな神谷さんが長年使われていなかった築150年の民家を改装し作り上げたのが、美味しい料理をゆったりと楽しめるダイニングルーム。自ら壁を塗ったり、庭づくりをしたそう。席に座ると目線の高さにキッチンカウンターがあり、キッチンと一体となったような気分に。窓からは自家庭園と裏山の緑が広がる、心地よい空間です。
モノローグのランチはすべてコースとなっていて、野菜をふんだんに使ったフランス料理が楽しめます。前菜からデセールまで肉や魚など動物性のものは一切使用していないヴィーガンスタイルですが、味噌や醤油、酢など日本伝統の発酵調味料を自家製し、料理やソースに加えることで、多彩な味わいを生みだしています。
まず出てきたのが緑の野菜尽くしの前菜。瓢箪、白オクラ、白キュウリなどがさまざまな切り方で盛り付けられ、バジルや自家製ヨーグルトで作ったソースも緑色。竹炭のガレットも飾って食感を加えます。
パスタも生地から手作りしていて、もちもちの食感が楽しい一品。ラビオリにはコーンとジャガイモが詰めてあり、トマトや白ぶどう、ライムの酸味や甘味が凝縮したソースを絡めて。夏を感じさせるキリっとした酸味が食欲をかき立てます。
最後は地元名産の梨をたっぷり使ったタルト。デセールも卵や乳製品を使わず、白味噌や酒粕などでコクや甘味を加えたりと、発酵食品を使うこともあるとか。
料理は毎月一新し、旬の食材を取り入れるのはもちろん、陰陽五行や二十四節気を表現するなど、食べることで季節を感じ、体を整えてもらえたらという思いが込められています。
ランチは2時間ほどかけてゆったりと楽しめますが、朝は野菜やパン、惣菜などがワンプレートになったブランチセットを楽しむことも。ケーキや自家製酵母パンは販売もしていて、テイクアウトすることも可能です。
お店では料理に使われている発酵調味料の作り方を体験できるワークショップも開催していて、味噌や醤油の手作り教室は大人気です。日々の暮らしを豊かに、健やかにするヒントを見つけられる場所にもなっています。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.