サイト内
ウェブ

【毎日おやつ】ほのかに香るバターにホッとするお菓子。「チャット」/栃木県

  • 2021年6月16日
  • ことりっぷ


全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は栃木県の「チャット」をご紹介します。
大正4年に最中を看板商品として創業した「下野菓子処 うさぎや」は、いくつもの時代を超えて栃木で愛され続ける老舗の和菓子店。今は4代目店主が後を継いで暖簾を守っています。3代目店主の時代にふとしたことから詩人で書家の相田みつお氏と縁がつながり、お店の包装紙やパッケージのデザインは相田氏によるものなのだそう。昭和36年に発売したお菓子のネーミングも相田氏がまかされ「チャット」と名付けました。
バターを練り込んでしっとりとした白餡を品のいい薄皮で包んだお菓子の「チャット」は、なめらかな食感で日本茶はもとよりコーヒーや紅茶にもよく合います。チャットにはおしゃべりをするという意味があり、親しい友人や家族と気兼ねなく気軽におしゃべりをしながら楽しい時間を過ごしてほしいという思いが込められています。このお菓子があればいつもより会話の弾むティータイムになりそうですね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.