サイト内
ウェブ

老舗から新店まで。岐阜・郡上八幡でみつけた、地元の人も大好き♪甘~いおやつ5選

  • 2021年5月3日
  • ことりっぷ


湧き水が流れる小路や古い街並みが続く風情豊かな山間の城下町、郡上八幡。水音が心地よいこの町で親しまれている、ローカルなお菓子を今回はご紹介します。手仕事を感じる焼き菓子や昔ながらの飴など、どれもほっと心が和む味。旅のお土産としてはもちろん、お取り寄せができる商品もありますよ。地元で愛される甘いおやつを、ぜひ楽しんでみてくださいね。
有平糖(ありへいとう)と呼ばれる江戸時代から伝わる飴菓子が名物の「桜間見屋」。郡上八幡の古い街並みの一角にあり、明治20年の創業以来、伝統の飴を作り続けているお店です。風格ある佇まいのお店を入ると、名物である「肉桂玉」のほか、くるみ餅や肉桂餅など郡上銘菓として親しまれている品々が並んでいます。
「お抹茶処宗祇庵」は、宗祇水と呼ばれ親しまれる湧き水のすぐ横にあるお抹茶カフェ。岐阜県産の味わい豊かな抹茶を使ったさまざまなスイーツを、この地に残っていた別荘を改装したという川や庭園を望むお座敷でゆったりと楽しむことができます。
なかでもお店の名物は、郡上おどりを踊る女性をモチーフにしたアートなパフェ。イチゴや栗など季節限定のパフェも登場し、味わいも多彩。具材ひとつひとつにこだわった、和風スイーツを味わうことができます。
民家の小窓から看板が出ている、街並みに溶け込んだお店「ヤマネコドーナツ」。目の前が小学校となっているので、子どもたちでにぎやかになるときもある、町のドーナツ屋さんです。
毎週2日ほど、不定期でお店を開き、フランス各地で学んだローカルなお菓子を手作りする鎌倉さんのお店「プチ パリ」。バターや卵をリッチに配合した風味豊かな焼菓子が評判です。店内にはフランスから直接送られてくるというアンティークやブロカントも並んでいます。
郡上八幡の中でも老舗洋菓子店として知られる「きねや」。ショートケーキ、カステラなど、昔ながらの洋菓子を販売するお店です。もともと戦後まもなく先代がはじめた和菓子店がお店のルーツ。現在のご主人が和菓子職人として後を受け継ぎましたが、独学で洋菓子を学び、地元の人々に親しまれるケーキを作るようになったのだとか。
いかがでしたか。老舗が守る伝統の味、地元の素材で作る手作りの味など、華やかなものではないですが、どれも素材そのものの風味を大切に作られた品ばかり。
郡上八幡にはほかにも美味しいスイーツがいろいろあるので、ぜひ風情溢れる街を歩きながら探してみてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.