サイト内
ウェブ

富士山を眺めてゆったり絶景ティータイム♪ 新たなお茶の楽しみ方に出会える「お茶工房 富士園」

  • 2021年3月11日
  • ことりっぷ


標高約1000mにあり、富士山が目の前に広がる朝霧高原。「お茶工房 富士園」は、そんな朝霧高原の人気観光スポット「あさぎりフードパーク」内にあります。こちらは、富士宮市のお茶農家「富士園」がオープンさせた日本茶カフェ。富士山の雪どけ水で淹れたお茶をいただけたり、自分だけの抹茶入り玄米茶を作れる“マイブレンドティー体験”を楽しめます。思わず深呼吸したくなる景色とともに、ゆったりお茶時間を楽しんでみませんか?
東名高速「富士インター」から車で約60分。「お茶工房 富士園」は創業1954年の老舗お茶農家「富士園」が、さまざまなお茶の魅力を伝えたいという想いからつくったお店。庭先にはお茶の木を集めた茶畑があり、気持ちよさそうに太陽の光を浴びています。
茶畑があるのは、富士山の南麓・標高約200~300mの高所。土作りからこだわり、有機質肥料を主体にした土には、富士山の火山灰が含まれています。この火山灰土は、通気性が良く、適度な保水力もあり、茶の木の栽培にぴったり。さらに、富士山の澄みきった湧き水を使って、愛情たっぷりにおいしいお茶を育てています。
中に入ると、茶香炉から広がる、茶葉のさわやかな香りに癒やされます。手前が自社茶園のお茶を購入できるショップ、奥がカフェコーナー。焙煎工房も併設されており、新茶のシーズンには出来たてのお茶を楽しむこともできます。
ショップには茶葉だけでなく、お茶菓子やおしゃれで実用的な茶器もたくさん。バリエーションが豊富なので、贈り物を選ぶのにも良さそうですね。
窓際に置かれた双眼鏡で、富士山ウォッチングを楽しめるのも、このお店の魅力。双眼鏡でのぞいてみると、富士山の西側斜面にある谷「大沢崩れ」や昔の観測所も見えます。お天気が良い日には、ぜひ双眼鏡を使って、違った見え方の富士山を楽しんでくださいね。
カフェで味わってほしのが、丁寧に淹れたお茶とお茶パウダーを使ったシフォンケーキのセット。「富士園」では、地下200mから汲み上げた富士山の湧き水でお茶を淹れるため、まじりけのない“茶葉本来のおいしさ”を味わえます。
シフォンケーキは、和紅茶・緑茶・ほうじ茶の3種類を用意。どれも香り高く、しっとり&ふわふわ感に癒やされます。
富士園では、あなただけの抹茶入り玄米茶を作れる「マイブレンドティー体験」も行っています。今回担当してくれたのは、お茶を知り尽くした富士園のマネージャー、石川善大さん。お茶の種類やベストな淹れ方など、ひとつひとつ優しく丁寧に教えてくれます。
お茶の産地・静岡を訪れたら、「お茶工房 富士園」で美しい景色と一緒に、至福のお茶体験をしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.