サイト内
ウェブ

お寺の庭を彩る木々を眺めて過ごす自由な時間♪鎌倉「蕪珈琲」

  • 2020年9月29日
  • ことりっぷ


鎌倉・長谷エリアにある収玄寺の境内にたたずむ「蕪珈琲(カブラコーヒー)」。本堂の脇にある古民家をリノベーションした隠れ家的なカフェで、どの席に座っても庭の緑を眺めながらのんびりと過ごせます。散策の合間に立ち寄って一息入れてはいかがでしょうか。
緑青がおおう銅葺屋根の本堂がどっしりと構える収玄寺は、手入れの行き届いた庭に大きな石碑が目を引くお寺です。お店はお寺の境内にあり、門をくぐった先にある緑に囲まれた一軒家。メイン道路沿いには看板も出ているのでそこから入ってもすぐのわかりやすい場所です。この界隈特有の細い小路が入り組み、長谷らしい風情も漂います。
古民家の改修を設計したのは東京藝術大学藤村研究室です。藤村龍至准教授と山川陸教育研修助手(当時)指導のもと、古民家の居心地の良さを生かし境内の季節の花や野草をどの席からも楽しめるつくりは、人通りの多い長谷エリアでほっとできる空間。コーナーごとに異なるテイストのイスやテーブルが配置され、BGMのジャズと共に小鳥のさえずりも聞こえてきます。
お店を切り盛りする店長さんもステキな笑顔で訪れる人をおもてなしします。
自慢のコーヒーはケニアやエチオピア産のほか、希少性の高い「ゲイシャ」(1200円)やコーヒー通に人気の「コピ・ルアック」(3000円)など国際色豊かで専門店並みの品揃え。オーダーごとに豆を挽いてハンドドリップで丁寧に淹れ、好きなコーヒーカップに注いでくれます。豊かなコーヒーの香りでリラックス気分が高まります。
朝一番に準備に取り掛かるのが、こだわりの生クリームづくりなのだそう。フレッシュな生クリームにマスカルポーネチーズを加えてコクを出すのが特徴です。生クリームは旬のフルーツを使った人気の「蕪フルーツサンド」にも使われるほか、「自家製レモンケーキ」にもトッピングされ、風味豊かにそれぞれのおいしさを引き出します。
オープン当初は夏期限定だった「かき氷」が、冬も食べたいというニーズが高まり通年メニューに加わりました。冷凍庫から出した氷を少し時間をおいてから削るふわっふわなかき氷は、濃厚なあまおうのイチゴシロップによく絡みボリュームがあっても最後まで美味しくいただけますよ。
座る席やコーヒーの器をその日の気分に合わせて選ぶことで、自分のペースでゆったりとした時間が流れます。好きなスイーツをチョイスして、気の向くままにのんびり過ごしてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.