サイト内
ウェブ

【毎日おやつ】40年以上愛されてきた、北海道を代表する銘菓「マルセイバターサンド」/北海道

  • 2020年10月3日
  • ことりっぷ


全国各地のおいしい・かわいいお菓子を紹介する「毎日おやつ」。おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みが詰まった逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は北海道の「マルセイバターサンド」をご紹介します。
北海道を代表する銘菓、六花亭製菓の「マルセイバターサンド」。包み紙を開くとバターとラム酒の香りが立ちこめ、なんとも幸せな気分へと誘ってくれます。
弾力がありつつもしっとりとしたビスケットで挟むのは、やさしい甘さのレーズンクリーム。六花亭製菓の人気商品でもあるホワイトチョコレートと北海道産100%の生乳で作るフレッシュバター、レーズンを練りこんだクリームにラム酒やブランデーがほのかに香る、ちょっぴり大人のおやつです。
当初、社名を今の六花亭製菓へ変更した記念として、1977年に発売されたという「マルセイバターサンド」。朱赤にゴールドのレトロなパッケージは当時のまま、40年以上の時を経た今も幅広い層に愛されるベストセラーです。
全国的に有名な六花亭製菓ですが、実店舗があるのは北海道だけなのだそう。特に、帯広空港から車で15分ほどのところにあるカフェ・六花の森では、敷地内の工場で作りたての「マルセイバターサンド」がいただけるのだとか。軽やかなレーズンバターをほろほろと口の中で解けるビスケットでサンドした、ここだけのフレッシュな味わいを求めて、北海道旅行の際にはぜひ立ち寄って。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.