サイト内
ウェブ

銀座でフルーツたっぷりの贅沢ランチを♪「宗家 源 吉兆庵」プロデュースのカフェレストラン「K.MINAMOTO」

  • 2020年1月14日
  • ことりっぷ


2019年10月、人気和菓子店「宗家 源 吉兆庵」の上階に新業態のカフェレストラン「K. MINAMOTO」がオープンしました。果実を贅沢に使った和菓子で人気を集めている「宗家 源 吉兆庵」。こちらのカフェレストランでは、いちごやキウイなどのフルーツを使ったカレーや華やかなタワー型のミルフィーユなどの新感覚フードがいただけます。
銀座駅から中央通りを新橋方面に2分ほど歩いたところに人気和菓子店「宗家 源 吉兆庵」の新本社があります。こちらの1階フロアは和菓子店で、2~5階にはカフェレストラン「K. MINAMOTO」がオープン。「ギンザ ハレフルーツ」をコンセプトに、フォトジェニックなフルーツメニューを味わえます。
果実を丸ごと使った和菓子も有名な「宗家 源 吉兆庵」。「もっと気楽に若い人々にフルーツを楽しんでもらいたい」との思いから、カフェレストランでも、フルーツをたっぷり使ったメニューの数々を提供。メニューによってはソースなどに形を変えながらも、すべての料理にフルーツを使っているそう。
中でも人気の料理は、「果実を乗せたTHE HOUSEカレー」(1760円/税込)。フルーツは季節によっていろいろで、お店を訪れたこの日は、きんかん、柿、イチゴ、みかん、りんご、キウイなど。色とりどりの全8種類のフルーツがたっぷりトッピングされています。
ルーは、8種類のスパイスを混ぜこんで、4~5時間かけて煮込んだもの。スパイシーなルーがフルーツの酸味と甘さを引き立てて、まろやかなおいしさを楽しめます。フルーツを食べるごとにカレーの味わいが少しずつ変化するのも人気の秘密。
もちろんデザートもフレッシュなフルーツをふんだんに使用しています。一番人気の「果実のミルフィーユ」(1760円/税込)は、丸ごとフルーツとザクザク食感のパイの絶妙なおいしさを楽しめる一品。
季節によって変わる8~10種類のフルーツが乗ったタワー型のミルフィーユはボリューム満点。パイは手間暇かけて一から手作りしていて、ナイフとフォークで扱いやすいようにパイはキャラメリゼされている一工夫も。カスタードと生クリームのやさしい味わいもたまりません。
冬から春にかけて、イチゴをふんだんに使ったメニューもおすすめです。イチゴは市場からその時の一番おいしいものを仕入れているそう。「いちごのパンナコッタ」(1760円/税込)はミルキーなパンナコッタに自家製のイチゴのピュレとフレッシュなイチゴをトッピング。甘さ控えめの大人の一品です。
「イチゴよりもイチゴを感じられるパフェを」との思いから誕生した「いちごのパフェ」(1430円)は、素材のおいしさを最大限に引き出したイチゴ本来の甘さや酸っぱさがしっかりと楽しめる一品です。なかでもイチゴジェラートにはイチゴの濃厚なおいしさが凝縮されています。
4~5階は個室になっているので、子連れのママ会や女子会にぴったり。銀座の喧騒から離れて、ゆったりとした時間を過ごせますよ。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.