サイト内
ウェブ

草津・湯畑ビューの部屋も!老舗旅館をリノベーションした素泊まり専用宿「草菴」

  • 2019年11月17日
  • ことりっぷ


群馬を代表する温泉地、草津温泉。ここ数年、素泊まり専用の宿に注目が集まっていますが、2011年にオープンした「湯畑 草菴」は、湯畑目の前で人気を集めるパイオニア。築100年以上の建物をリノベーションした館内は居心地がよく、足湯に浸かりながらお茶やスイーツが楽しめます。歴史ある「深湯」は、コンパクトながらも、適度な水圧で身体の血行がよくなると評判。リーズナブルに上質なひと時を過ごせるお宿です。
もくもくと白い湯気が漂う草津のシンボル・湯畑沿いに面する「湯畑 草菴」。周辺はお土産屋さんや飲食店も多く、そぞろ歩きするのにぴったりです。黒を基調としたスタイリッシュな建物は、築100年以上の老舗旅館をリノベーションした一軒家。全体的に和モダンなテイストにまとめられています。
宿に併設されたお土産屋さん右横の細い通路を進むと、足湯カフェが。頭上には、色とりどりの和傘が飾られ、鮮やかに彩ります。足湯に注がれているのは、毎分4000リットルの湯が自然湧出している湯畑源泉。水で薄めることなく、贅沢なかけ流しで楽しめます。
客室は全17部屋。「露天風呂付客室」「湯畑ビュー客室」「スタンダードダブル」「スタンダードツイン」の4タイプに分かれていて、旅のシーンに合わせて選べます。
一番人気の「露天風呂付客室」は、最大2名まで利用可能。シックな色合いでまとめられ、ゆったりとしています。
露天風呂は2人で入っても十分な広さ。フレッシュな湯畑源泉掛け流しのお風呂に、24時間入れるのは嬉しいですよね。
こちらは、湯畑を見下ろすようにある「湯畑ビュー客室」。いつでもお部屋の窓から湯畑を眺めることができて、気分が上がります。最大2名まで利用できるので、女子旅の利用もおすすめですよ。
湯畑は夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気に。昼と夜の違いを楽しんだり、湯畑バックにフォトジェニックな写真を撮ってみてはいかがでしょうか。
1Fにある湯船は、草津で250年前に使われていた「深湯」をイメージした設計。一般的な湯船より中心部は深くなっており、立った姿勢で腰上まで湯に浸かることができます。深さがあることで、水圧がぐっとかかり、 循環器を整えるほか、血行が良くなる効果も。心地よい湯に身をゆだねて、身体の中と外をケアしましょう。
また、宿から湯畑までの距離は約6mほど。湯畑との距離が近い分、お湯が空気に触れる時間が少なく、湧きたての新鮮なお湯に浸かることができます。自然の恵がたっぷり詰まった極上の湯を堪能してくださいね。
温泉で身体の疲れをとった翌朝は、足湯カフェで無料朝食を。新鮮なお野菜、2種類のパン、スープなどを使った朝食は、気持ちの良い1日のスタートにぴったり!
東京から1本、乗り換えいらずで行ける「草津温泉」は、日々の疲れをリセットするのに最高の旅先。気軽に泊まれる「湯畑 草菴」なら、連泊も夢ではありません。恋人や気心の知れた友達同士で、特別な時間を過ごしてみませんか?

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2019 Shobunsha Publications All Rights Reserved.