サイト内
ウェブ

清流のせせらぎを聞きながら非日常へトリップ♪ 三島の人気カフェで美食ランチ「ディレッタント カフェ」

  • 2019年9月28日
  • ことりっぷ


清らかな富士山の伏流水を水源とする、静岡・三島の源兵衛川。その川のほとりに佇む「ディレッタント カフェ」は、テラス席が人気のお店です。アンティークの家具が彩る店内は、モンマルトルなどパリの下町にあるカフェをイメージしたおしゃれな場所。ランチでは、静岡県産のお肉、三島でとれた無農薬野菜、沼津港から仕入れる新鮮な魚介類などをゆっくりといただけます。
三島と修善寺を結ぶ静岡のローカル線、伊豆箱根鉄道「三島広小路駅」から歩いて3分ほど。水の都・三島市の中心部を流れる源兵衛川の川沿いに建つのが、「ディレッタント カフェ」です。
こちらのお店は、2004年開業。オープン当初は、ドリンク中心のカフェとして営業してきましたが、徐々に料理とワイン主体のお店へ移行。今では、美食家に愛されるカフェとして、県外からもファンが訪れる人気店となりました。
エントランスから冒険家気分で階段を降りると、まさしくそこは別世界!壁にはモネやルノワールといった印象派の画家の作品が飾られ、クラカルなインテリア、アイアンや古材を取り入れた家具がところ狭しと並びます。
実は、この内装やデザイン、什器家具は、オーナーの四宮さん自ら手掛けたものだとか。店内に飾られている雑貨も毎日位置が変わるなど、オーナーの遊び心が散りばめられています。
「ディレッタント カフェ」で人気のテラス席は、優雅なひとときを過ごすのにぴったり。注文してから料理が用意される間、透き通った源兵衛川を眺めながら、のんびりと待つのも楽しみの一つです。
ランチは、前菜にパスタが付いた「パスタコース」1800円 (税別)と、前菜・ドリンクに加え、お好みの主菜を選べる「ディレッタント(好事家)のランチコース」2100円 (税別)の2種類。
前菜の盛り合わせには、三島市の農家さん「まつり農園」から直接取り寄せた無科学肥料・無農薬の野菜がたっぷり使われ、目にも鮮やかです。また、前菜の定番キッシュは、開店当時から変わらないレシピを使い続けているとか。玉ねぎの甘さとふわふわに焼かれた卵が優しくて、ほっとします。
主菜で人気なのは、長泉町のもち豚を使った、自家製ローストポーク。60度ほどの低温でじっくり10時間ほど火入れするため、お肉はしっとり柔らかくてジューシー。もち豚のみずみずしさをぎゅっと閉じ込めた、感動の美味しさです。
ドリンクには、グラス単位で注文できるワインも豊富にありますので、メニューをチェックしてみてくださいね。ローストポークと合わせるなら、軽やかなロゼワインがおすすめです。
ランチのデザートは、ワインソムリエの資格を持つ奥様の手作り。330円を追加すると、4種類ほどの中からお好みのものを選ぶことができます。季節の食材を使ったデザートは、しっかりと素材の味が生きた特別な味わいです。
注目したいのは、デザート用のシルバーレスト。秋シーズンは、拾いに行ったどんぐりを使って、1つ1つ手作りしているそう!
訪れる人が思い思いにゆるゆると過ごせる「ディレッタント カフェ」。月に1度、生演奏が楽しめるライブも開催しているので、音楽好きの方はライブと合わせてお出かけしてみるのもいいですね。
特別な空間でおいしいお料理とともに、ぜひ素敵な時間を過ごしてみてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.