サイト内
ウェブ

公園でのピクニックにもぴったり。日比谷「カモス」の「旅するおいなりさん」

  • 2019年9月29日
  • ことりっぷ


日比谷公園内にある「KAMOS HIBIYA(カモスヒビヤ)」は、福岡のグロサリー「&LOCALS」の東京初出店舗。九州や四国のおいしい食材を活かして作るキャンディみたいな包みのいなり寿司が話題です。
過ごしやすくなるこれからの季節に、公園さんぽと気軽なランチを楽しんでみませんか。
都心ながら緑豊かで広い敷地を持つ日比谷公園。その園内に、2019年3月18日、イートインスペースを併設するセレクトショップ「KAMOS HIBIYA by&LOCALS」(カモスヒビヤ バイ アンドローカルズ)がオープンしました。
農畜産や水産の作り手がおすすめする良質な食材の良さを知ってもらおうと、デザインや建築を手がける福岡の企業が、地元でセレクトショップを開いたのがお店のはじまり。
そのキュートな見た目から、かわいいと話題を呼んでいるのが、キャンディのように包まれた「旅するおいなりさん」。
おいなりの酢飯には、福岡・英彦山(ひこさん)の棚田米に佐賀・伊万里産のもち麦を混ぜ、同じく伊万里産のお酢を使用。出汁で煮しめた京都産の油揚げなど、産地がわかる上質な素材にこだわっています。
毎日11時ごろから店頭に並び始めるおいなりさんの工程はすべて手作業。1日に最大400個作ることもあるといいます。お取り置きに対応してくれる場合もあるので、気になる方は電話で予問い合わせてみてくださいね。
福岡・添田町の貴重な国産のキクラゲを使った「木耳と柚子胡椒おいなり」や、柚子のような酸味と香りが楽しめる、愛媛・宇和島の「じゃばら 蜂蜜おいなり」、完熟ドライトマト入りでほんのりスパイシーな、熊本・玉名の「灼熱トマトおにぎり」など、どれも個性豊かです。
もうひとつの看板メニューが、「いりこだしのおうどん」。長崎で夜明け前に漁獲されたイワシを加工したいりこのおいしさを追求したひと品です。
香りの良いお出汁をひと口含むと、その旨味にびっくり。いりこだしのほかには、みりんと醤油のみというシンプルなお出汁は、あっさりしているのに深い味わいです。福岡・うきはの干しうどんは、つるっと細麺でのど越しも良く、トッピングされた素揚げのいりこが、カリっと香ばしいアクセント。生柚子こしょうを少々加えて、さわやかな辛みと香りも楽しみましょう。
グロサリーには味噌や砂糖、茶葉など、生産者が自信をもって一押しする食材が並びます。添加物不使用だったり、生産数が少なかったり、どれもおいしい理由と物語がある食材です。
おいなりさんやうどんの出汁に使われている酢や、いりこも販売。食材を作った人も、食べる人も喜べるお買い物を楽しめます。
農作物など素材の良さを知り尽くした生産者から届けられる食材のシンプルなおいしさを楽しめる「カモス」。
産地のおいしさに出会い、旅気分を感じに訪れてみませんか?

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.