サイト内
ウェブ

大人の街・銀座でここだけの味を♪優雅なひとときを彩るスイーツのお店5選

  • 2019年2月11日
  • ことりっぷ


ショッピングも散歩も楽しい街・銀座。スイーツのおいしいお店も数多くありますが、せっかくなら銀座でしか食べられない美味を堪能したいですね。今回は銀座限定のメニューがあるお店や銀座にしかないお店など5つをご紹介。さんぽ中のひと休みから手土産探し、特別なシーンのおともまで、重宝するお店ばかりです。
東京メトロ銀座一丁目駅近く、ラグジュアリーブランドの路面店が並ぶエリアにある商業施設「Okura House」。その最上階にあるのが、“世界一の朝食”で有名なダイニング「bills(ビルズ)」です。"宝石が自然光や照明に照らされてキラキラ揺らめく”というイメージでデザインされたというインテリアも魅力のひとつです。
こちらで注目なのが「アフタヌーンティー」。ビルズでは銀座店が世界で最初に始めたメニューです。内容はお店ごとに異なりますが、名物の「リコッタパンケーキ」をいただけるのもポイント。銀座らしいシックな空間で優雅な午後を過ごせます。
「アンリ・シャルパンティエ」は、兵庫県芦屋市に本店を構え、80店舗以上を展開する創業50年の老舗洋菓子店。「銀座メゾン」は国内に3店舗しかないカフェのうちの一つで、昭和5年に建てられた歴史的建造物のクラシカルな外観が目印です。
サロンスペースは2018年、スタイリッシュにリニューアル。目の前で仕上げる「クレープ・シュゼット」など、本格的なデセール(皿盛りのデザート)をいただけます。「ナポレオンパイ」は銀座メゾン限定メニュー。サクサクのパイと香ばしいローストアーモンド、甘さ控えめのカスタードクリームが絶妙です。
パリを代表するパティスリー界の巨匠・フィリップ・コンティチーニ氏。初めて自分の名前をつけたブティック&カフェの1号店が「GINZA SIX」にあります。名物は「クイニーアマン」と「タルトタタン」をかけ合わせた「クイニータタン」。ほかにもフランス伝統の味を現代的なセンスで仕上げた焼き菓子や生ケーキが揃います。
銀座にしかないというカフェカウンターでは、パティシエの技を間近で見られます。ここでは「クイニータタン」も、大きな器に盛られて綿細工やアイスが添えられたスペシャルバージョン(ドリンクつき2484円)に。できたての美味しさをぜひどうぞ。
1860年創業の京都・宇治の老舗茶舗「辻利(つじり)」。京都・大阪以外で唯一のお店が「GINZA SIX」にある「辻利 銀座店」です。お茶やスイーツの販売スペースと、こだわりの抹茶メニューをテイクアウトできるカフェスタンドを併設。銀座限定の「京濃い茶テリーヌ」など、奥深い抹茶の世界をたっぷりご堪能できるメニューが揃います。
銀座4丁目交差点の一角にある「鹿鳴館 銀座本店」。看板メニューのフルーツゼリーをはじめ、チョコレートやマシュマロ、クッキーなどギフトにぴったりのお菓子がずらりと並びます。銀座本店限定の商品が「フォンティーヌ・フリュイ」。「銀座はちみつ」の入ったふわふわのブッセ生地にバタークリームとドライフルーツをはさんだもので、いちご・ブルーベリー・いちじくの3種類があります。
いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、おいしいスイーツを楽しめる銀座のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2019 Shobunsha Publications All Rights Reserved.