サイト内
ウェブ

牧場直営のレストランで新鮮なミルクグルメを満喫♪ 滋賀県・竜王町「湖華舞」

  • 2019年1月13日
  • ことりっぷ


滋賀県南部に位置する竜王町は、近江牛のふるさととして知られる土地。畑や牧場が広がり、のどかな風景が広がるこの地域に、スイーツやランチが美味しいと人気を集めているお店があります。そのお店の場所は牧場のすぐ隣。ジェラートやチーズ料理など、新鮮なミルクをたっぷり使ったグルメを堪能することができますよ。
滋賀県南部に位置する竜王町は近江牛発祥の地として知られる町。食肉用の和牛を育てている牧場が多く、広々とした田畑も広がっていて、豊かな水と緑が美味しい食材をはぐくんでいます。そんな土地で60年以上前から酪農を営んでいるのが今回紹介する「古株牧場」です。美味しいミルクを味わってほしいと、10年ほど前に直営ショップ「湖華舞」を牧場のすぐ隣に開業しました。
「古株牧場」では食肉用の和牛のほか、400頭ほどの乳牛も育てていて、牛舎を外から見学することもできます。稲作も行っていて、牛の飼料にその稲藁を与えるなど、地元の恵みを活かした酪農を行っています。
当初「湖華舞」で販売していたのはアイスクリームだけでしたが、これが評判を集め、本格的なジェラートも販売するようになりました。今ではプリンやシュークリームなど、ミルクをたっぷり使った様々なスイーツも並んでいます。
ソフトクリームやジェラートなどは、どれも濃厚なのに後味がすっきりとしているのが特徴です。地元のフルーツなど季節によってさまざまなフレーバーも展開。ジェラートを注文すると、ミニサイズのジェラートをおまけで付けてくれますよ。
さらに「湖華舞」では、オリジナルのチーズも製造、販売しています。「母がソフトクリームの販売を始めて以来、家族が分担してお店を手伝うようになり、姉がジェラートやスイーツを、私がチーズ作りを担当しています」という古株つや子さん。ほぼ一人で手作りしているというチーズは、フレッシュなモッツァレラから熟成チーズまで多彩です。
そんなつや子さんが作るチーズの食べ方を紹介するため、お店にはレストランスペースもあり、チーズを使った料理を味わうことができます。人気は数量限定のブッラータチーズを使った一皿。ブッラータはモッツァレラチーズでクリームを包んだチーズで、袋のようになったチーズにナイフを入れるとクリームがとろりと溢れ出てきます。
冬場におすすめなのがハードチーズ「レギュム」を使ったプレート。このチーズは焼くと、とろりと溶けだし香りとコクが増すのでフランスのチーズ、ラクレットに見立てて、焼き立てを茹でたジャガイモにかけて楽しみます。近江牛の赤ワイン煮込みやキッシュなど自家製の料理もついていて古株牧場の食材が満載。どちらのセットにもデザートにジェラードが付いています。
「三井アウトレットパーク竜王」など、近隣に支店もある「湖華舞」。つや子さんは、どんな土地で育った、どんな牛のミルクを使っているのかをここに来て知って欲しいと言います。「地元の稲藁を餌に与えていて、竜王町は水も美味しい。この土地ならではの味わいを持つミルクを出してくれていると思います」。
バターやチーズ作りの体験教室を開催していたり、ここでしか買えない商品もある古株牧場直営ショップ「湖華舞」。ミルクのおいしさを感じることができる料理やスイーツの数々を、ぜひ味わってみてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2019 Shobunsha Publications All Rights Reserved.