サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

江戸の面影を残す美しい街並みのおさんぽ途中に!倉敷のおすすめランチ&スイーツ4選

  • 2018年2月14日
  • ことりっぷ


寺社や古墳めぐりも楽しめる古都であり、江戸時代の天領地だった名残で白壁の街並みが残る「美観地区」など、さまざまな名所や名物が印象的な倉敷市。県内産のいちごと温かいメニューが市内各地のお店で提供される「倉敷アフタヌーンティー」も3月15日まで開催中です。今回は名所の散策と一緒に楽しみたいカフェから地元で愛されるうどんのお店まで、ランチやお茶を楽しめる倉敷のお店を4つご紹介します。
美観地区にある古民家カフェ「三宅商店」の2号店「水辺のカフェ 三宅商店 酒津」。桜の名所・酒津公園からほど近い高梁川のほとりにあり、すぐ目の前の水路など、のどかな風景が広がります。こちらのメニューは、料理はもちろんパフェのアイスにいたるまですべて手作り。ランチの「三宅カレー」は、もちもちの玄米とフルーティーなカレーに、サツマイモやキノコ類など季節の野菜をトッピングしています。
自家農場で生産した卵や卵を使った料理・スイーツなどを販売する専門店「うぶこっこ家」。2種類のライスと3種類のソースから好みで選べるランチメニューの「ふわふわオムライス」や親子丼、たまごかけごはん、プリン、カステラなど、卵好きにはたまらないメニューが揃います。母鶏の健康づくりからこだわっているという卵は、濃厚な味わいとぷりぷりした食感が魅力。地元の人でいつも賑わっています。
長年にわたって倉敷市民に愛されている倉敷うどん。やわらかな口あたりとコシの強さが特徴の麺に、そばつゆにも似た甘辛く濃いめのつゆをかけた「ぶっかけうどん」でいただきます。その元祖である「ぶっかけ亭本舗ふるいち 仲店」は、県内にある店舗の中でもいちばん歴史の長いお店。倉敷駅すぐの場所にあって訪れやすく、自宅用のセットも販売されているので、お土産探しにもおすすめです。
倉敷美観地区のメインのエリアに4店が集まった「クラシキ庭苑」の「koba coffee(コバコーヒー)」は自家焙煎コーヒー専門店です。こちらのお店ではブレンド用とストレート用のコーヒー豆が合わせて10種類、常時スタンバイ。好みに応じてペーパードリップ、サイフォン、フレンチプレスで淹れてくれます。コーヒーゼリーやシフォンケーキ、フルーツタルトなど、コーヒーに合うスイーツが揃うのも魅力。美観地区さんぽの途中でひと息つきたいときにぴったりです。
いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、おいしいランチやスイーツが食べられる倉敷のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2018 Shobunsha Publications All Rights Reserved.