サイト内
ウェブ

【白】ランドリーのおとなり。白から交流はじまる空間「ワールドネイバーズカフェ清澄白河」

  • 2017年8月13日
  • ことりっぷ


隅田川の東側に位置する、清澄白河。コーヒーとアートの街として、知名度が上がっていくとともに、新しいお店が生まれ、訪れる方も増えています。川と運河に囲まれた静かな寺町。最近、住みたい街にも挙げられるようになった、清澄白河の居心地のよさはどこから生まれるのでしょうか。涼しげな「清」「澄」「白」「河」という漢字をキーに、小さな街に点在する4つのスポットをめぐります。2017年4月にオープンした「ワールドネイバーズカフェ清澄白河」。店内からは、目の前に広がる木場公園の緑、公園で元気に遊ぶ子供たちの姿を眺められます。カフェの横に並ぶのは、最新設備を導入したコインランドリー「SoLiquid(ソーリキッド)」。この不思議な組み合わせの理由を、運営会社である株式会社グローバルエージェンツの吉田主恵(ゆきえ)さんに伺いました。カフェとランドリーが隣り合っていると、カフェでお洗濯が終わるまでの空き時間を有効に使えたり、くつろいだりできますよね。ランドリーという設備を通して、住民の方との会話のきっかけも生まれたらいいなと考えています。もちろん、普通のカフェとして使っていただくのもうれしいです」「ワールドネイバーズカフェ清澄白河」のコンセプトは「片手間」という、ちょっと面白いもの。公園で遊ぶ合間に、ホットサンドや飲み物をテイクアウトしたり、ランドリーの待ち時間にごはんを食べたり、お子さんの習い事の待ち時間にランドリーで家事を済ませたり、Wi-Fiを使える空間で飲み物片手に仕事をしたり……。様々な「片手間」時間を過ごせることで、多様な方が集まるというのも魅力です。おすすめのメニューは、オリジナルホットサンド(TOASTIE)と自家製サワー。お昼も夜もしっかりと食事ができ、すっきりとした後味のサワーは、ホットサンドにぴったりです。カフェは「交差点」のような存在だと話す加藤さん。カフェという、ある意味色のない空間では、アパートメントの入居者と街の方々との交流や、スタッフとお客様との会話も、自然と生まれるのだそうです。そうしたら、後日その常連さんが『あの外国の方が来たら、これでご馳走してあげて』と、ビール代をスタッフに託してくださって。下町らしい、いい話ですよね(笑)」「ワールドネイバーズ清澄白河」では、この先も、住民も地域の人も自由に参加できる様々なイベントを企画しているそう。まさに、多彩な方が行き交う街の交差点になっていきそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2017 Shobunsha Publications All Rights Reserved.