サイト内
ウェブ

地元の人と話すと、旅の楽しみ方は深くなる―本当におすすめしたい秩父のランチスポット

  • 2017年7月17日
  • ことりっぷ


「秩父銘仙」を訪ねて、秩父の町をめぐってきたことりっぷWeb編集部。今回は秩父銘仙さんぽ番外編として、銘仙の取り引きで賑わった当時の面影を感じられるレトロカフェをご紹介します。アテンドしてくれた、秩父のローカルメディア「ちちぶる」編集長の浅見さんが本当におすすめするランチスポットも伺いました。秩父銘仙さんぽの締めくくりに、歴史情緒漂う街並みが今なお残る秩父市街へ向かいます。大正から昭和初期にかけて絹織物が盛んだった秩父。市街地の黒門通りと買継商通には、絹の取引所が集まっていたそうです。そんな通りの一角にあるのが、緑の扉が印象的な「泰山堂cafe」。国の登録有形文化財にもなっている趣ある建物を店舗として利用しています。こちらを訪れたらぜひ味わいたいのが、フランス仕込みのパティシエによる「ヌガーグラッセ」。いちじくとレーズンのラム酒漬け、アンゼリカやドレンチェリーを刻んだものと、アーモンドのキャラメルコーティングがおもしろい食感です。老舗紅茶ブランド「マリアージュフレール」と一緒に味わってみてください。泰山堂カフェで紅茶とヌガーグラッセをいただきながら、「秩父銘仙さんぽ」をふりかえります。*****おすすめ一軒目は、秩父鉄道・秩父駅から歩いて7分ほどのところにある、「月のうさぎ」です。秩父銘仙の染料の貯蔵に使用されていた、築80~100年前の蔵を改装したレストラン。外観は重厚ですが、中に入ると木の温かみが感じられる明るい雰囲気です。こちらの自慢は、埼玉産の無農薬野菜をたっぷりと使った料理。野菜本来のおいしさがぎゅぎゅっと詰まった贅沢な味わいです。おすすめの2軒目は、秩父鉄道・秩父駅から3分ほどの飲食店が軒を連ねるエリアにある「サルベージ」。秩父に幾つかあるイタリアンレストランの中でも、素材本来の味を引き出す料理が人気を呼んでいます。地元の人はもちろんのこと、全国から噂を聞きつけてわざわざ秩父まで足を運ぶ、という方も多いそう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2017 Shobunsha Publications All Rights Reserved.