サイト内
ウェブ

ほぼ毎日開催中。盛岡の台所「神子田朝市」で食べるあったかご当地グルメ

  • 2016年12月22日
  • ことりっぷ


盛岡市の「神子田(みこだ)朝市」は、ほぼ毎日営業している全国でも珍しい常設の朝市。新鮮な野菜や果物、花、手づくりのお惣菜などが安く手に入る「盛岡の台所」です。 買い物はもちろん、ここでしか食べられない名物メニューを味わうのも醍醐味です。
盛岡市の中心部から歩いておよそ10分。古き良き佇まいが残る、閑静な住宅街の一角に「盛岡神子田朝市」はあります。
月曜日と年末年始を除き、年間315日営業している朝市。盛岡近郊の生産者と中心に、野菜や果物、魚介類、お惣菜、生花などを販売しています。
営業時間は午前5時頃から8時30分頃まで。
品切れなどで早々に店じまいするお店も少なくないので、時間に余裕を持って行くのがおすすめです。
朝市を散策していると、目に入って来るのが「噂のひっつみ」と書かれたのぼり。お店の前には暗いうちから行列ができています。
こちら「木偶の坊」は、岩手の郷土料理「ひっつみ」のお店。具材たっぷりの汁の中に、小麦粉をこね薄く延ばした生地が入ったすいとんの一種で、「ひっつむ(引っ摘む)」がその語源と言われています。
ひっつみは、地域や家庭によって作り方も味わいも異なる素朴な家庭料理。「木偶の坊」の「噂のひっつみ」は生地が大きく、つるっとした食感が特徴。野菜のやさしいダシとよく合い、起き抜けの身体に優しく染みわたります。
神子田朝市のグルメといえば、ラーメンもはずせません。
赤い暖簾が目印の「神子田朝市食堂」。
ここのラーメンが目当てで朝市に通う人も少なくないと言います。
しょうゆベースで中細麺、具材もシンプルなラーメンは、懐かしく優しくて、飽きのこない味わい。
寒い朝に食べると身体の芯から暖まり、心までぽかぽかしてきます。
神子田朝市にはほかにも、おでんや朝がゆなどその場で食べられるあったかメニューがいろいろ。
そのため、朝の出勤前に立ち寄り、ここで朝ご飯を食べて行く人もいるのだとか。
持ち帰り用に、コロッケや唐揚げ、玉子焼きなどのお惣菜を扱う店も豊富です。
お腹がいっぱいになると、飲みたくなるのがあったかいコーヒー。
場内を歩いていると、コーヒーの紙コップを持った人をたくさんみかけます。
その香ばしいにおいに誘われて、訪れたのは「マドカ珈琲店」。
ひっつみの「木偶の坊」の隣にあります。
ここのオリジナルブレンドは、深すぎず浅すぎずの程よい加減で、酸味の少ないすっきりとした味わい。
朝、外で飲み歩くにはちょうどいい、ほっとする一杯です。
買い物に来た人だけでなく、市場の人たちもよく利用するというマドカ珈琲店のコーヒー。
神子田朝市の定番アイテムです。
地元産の野菜や果物が安く手に入るだけでなく、ここならではのグルメも堪能できる神子田朝市。
店主である生産者さんとの「どっから来たの?」「これおまけするね」といったやりとりも楽しく、心までぽかぽかしてきます。
市の人たちとおいしいものに元気をもらい、充実した一日が始まりそうな予感。
そんな気持ちになれるのも、この朝市の魅力です。
「朝活」も楽しい盛岡の旅。ぜひ早起きをして出かけてみてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.