サイト内
ウェブ

箱根の東急ハーヴェストクラブが生まれ変わった! 自然に包まれて“自分をととのえる”ホテルが誕生

  • 2024年6月12日
  • コロカル
自然とひとつになるウェルネス体験を提供

箱根三大祭のひとつ〈箱根強羅温泉大文字焼〉が行われる明星ヶ岳(みょうじょうがたけ)の麓に広がる宮城野エリア。

箱根温泉のなかでも、昔懐かしい趣きを残した集落にある温泉場として知られています。

そんな宮城野の別荘地内に5月17日、〈nol hakone myojindai〉がオープンしました。

温泉露天風呂付き客室

客室は温泉露天風呂付きタイプから、4人まで一緒に宿泊できるタイプ、ペットと泊まれるタイプまで、全6タイプから選べます。

これまで会員制ホテル〈東急ハーヴェストクラブ箱根明神平〉として運営されていた建物を改装し、新たにリゾートホテルとして生まれ変わりました。

「nol(ノル)」とは「Naturally(自分らしく、自然体で)」、「Ordinarily(普段通り、暮らすように過ごし)」、「Locally(その土地の日常に触れる)」の頭文字を取った造語で、それぞれの意味のとおり“自分らしく自然体で、普段通り暮らすように過ごし、その土地の日常に触れる”をコンセプトとしています。

京都市中心街に2020年に開業した〈nol kyoto sanjo〉に続く、nol2店舗目となります。

温泉を使った屋内プール

温泉を使った屋内プールは、昼と夜で異なる雰囲気に。

nol hakone myojindaiの魅力は、何と言っても自家源泉の宮城野温泉を引湯した充実の温浴施設。

サーマルプールや大浴場、スチームで温めながら潤うサーマルルームや高温のドライサウナなどを備え、「ととのいテラス」では箱根の雄大な景色を望みながら外気浴が楽しめます。

「ととのいテラス」

早雲山(そううんざん)をはじめ、箱根の雄大な景色を一望できる「ととのいテラス」。

また、滞在の間はコーヒーや紅茶など10種類以上のドリンクが自由に飲めるため、宿泊者に用意されるオリジナルタンブラーに好みのドリンクを入れて、水分補給をすることも。

ロビーラウンジに並ぶドリンク

ロビーラウンジに並ぶドリンクは、フリーフローで楽しめます。

食事は、館内にあるイタリアンレストラン〈crescita(クレシータ)〉で箱根を中心に小田原、三島、御殿場、駿河湾などで生産された地元食材をふんだんに使ったメニューを味わえます。

ディナーメニューの監修を務めたのは、西麻布のレストラン〈No Code〉のオーナーシェフを務める米澤文雄氏。

また、朝食は卵料理やパンケーキから選べるメインプレートとともに、自家製のスムージーやサラダなどがいただけます。

ブッフェスタイルの朝食のサラダ

朝食のサラダなどは、ブッフェスタイルで好きな分だけいただけるのが魅力。

また、自然に囲まれた立地を生かして、隣地内には早雲山を一望できるフォレストテラス、地元農園の監修のもと自家製の野菜やハーブを栽培するファーム、ドッグラン、子どもが遊べる遊具を備えたウッドパークの4つのエリアから構成される「ドッグウッドファーム」を完備。

炎が灯る夜のテラス

夜のテラスは炎が灯る癒し空間に。

ドッグラン

ドッグランは小型犬用と中・大型犬用にエリアを分け、安心して利用できる配慮も。

今後ファームで収穫された野菜やハーブは、レストランで提供される食事や自由に飲めるデトックスウォーターなどに使用すると言います。

自然と静寂に包まれて、自分をととのえる時間を過ごしてみる旅もいいかもしれません。

information

nol hakone myojindai 

住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野1488

TEL:0460-87-2034

アクセス:箱根登山鉄道 箱根湯本駅から車で約20分

宿泊料:2名1室時1名あたり1泊3万400円〜(2食付)

Web:nol hakone myojindai 公式ホームページ

*価格はすべて税込です。

writer profile

Mae Kakizaki

柿崎真英

かきざき・まえ●ライター。宮城県仙台市出身。2019年よりフリーランスライターとして、東京を拠点に活動中。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを活かして、Webメディアや雑誌などに寄稿を行う。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.