サイト内
ウェブ

エントリー締め切り直近!地域の実践者に学ぶ〈LIVE DESIGN School〉が4月末開校

  • 2023年4月19日
  • コロカル
これからの地域、これからのデザインのあり方について話し学び合う

新年度を迎え、何か新しいことを始めたいと考えている方に朗報です!

「地域」と「デザイン」をテーマに、地域で活躍する現役デザイナーとともに学ぶ〈LIVE DESIGN School〉が始まります。

参加者はデザイナーに限らず、地域の事業者さん、自治体職員さん、地域で暮らす人、これからのデザインに関心ある方ならどなたでも大歓迎とのこと。

さて、いったいどんなスクールなのでしょう?

LIVE DESIGN Schoolとは?

「デザイン」という言葉を聞くと、見た目の意匠や広告などを思い浮かべる人も多いはず。

でもそれだけではなく、「計画」や「仕組みづくり」も大きな意味でデザインと言えます。

そういった「広義のデザイン」をもっと実践的に伝えたいと、全国各地で活動するデザイナーやクリエイターが集結し、学びの場を共有します。

左上から時計回りで、リードデザイナーの新山直広(福井県鯖江市、TSUGI)/坂本大祐(奈良県東吉野村、オフィスキャンプ)/迫 一成(新潟県新潟市、hickory03travelers)/福田 まや(大分県耶馬溪町、星庭)/小林 新也(兵庫県小野市+島根県温泉津、シーラカンス食堂+里山インストール)/佐藤 かつあき(熊本県熊本市、BRIDGE KUMAMOTO)/稲波 伸行(三重県菰野町+愛知県名古屋市、こものデザイン研究所+RW)/佐藤 哲也(福島県郡山市、Helvetica Design)/羽田 純(富山県高岡市、ROLE)/吉野 敏充(山形県新庄市、吉野敏充デザイン事務所)/堀内 康広(兵庫県神戸市、TRUNK DESIGN)

左上から時計回りで、リードデザイナーの新山直広(福井県鯖江市、TSUGI)/坂本大祐(奈良県東吉野村、オフィスキャンプ)/迫 一成(新潟県新潟市、hickory03travelers)/福田 まや(大分県耶馬溪町、星庭)/小林 新也(兵庫県小野市+島根県温泉津、シーラカンス食堂+里山インストール)/佐藤 かつあき(熊本県熊本市、BRIDGE KUMAMOTO)/稲波 伸行(三重県菰野町+愛知県名古屋市、こものデザイン研究所+RW)/佐藤 哲也(福島県郡山市、Helvetica Design)/羽田 純(富山県高岡市、ROLE)/吉野 敏充(山形県新庄市、吉野敏充デザイン事務所)/堀内 康広(兵庫県神戸市、TRUNK DESIGN)

LIVE DESIGN Schoolは、教える、教育するための学校ではなく、“学び合う、知恵を出し合う”ための学校です。

そのため、参加するデザイナーのことを「講師」とは呼ばず、「リードデザイナー(リード:先導する)」としています。

実はこのLIVE DESIGN School、昨年2022年に発行された『おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる -地域×デザインの実践』、通称「おもデザ本」が発端となってスタートしたのだそう。

左から、「おもデザ本」編著者でもあるリードデザイナーの〈オフィスキャンプ〉の坂本大祐さんと〈TSUGI〉の新山直広さん。本の出版記念トークイベントの様子はこちらの記事で紹介しました。

左から、「おもデザ本」編著者でもあるリードデザイナーの〈オフィスキャンプ〉の坂本大祐さんと〈TSUGI〉の新山直広さん。本の出版記念トークイベントの様子はこちらの記事で紹介しました。

国を24箇所も回ったキャラバンで開催された、京都会場のトークイベントの様子。

国を24か所も回ったキャラバンで開催された、京都会場のトークイベントの様子。

東京に一極集中していたクリエイティブ人材は、今や全国各地に根ざしさまざまなかたちで活躍しています。

しかし地域で活動するデザイナーたちによる、実践的な試みやノウハウを知る機会はまだまだ少ないのが現状。

LIVE DESIGN Schoolでは、従来のグラフィック、プロダクト、ウェブなどのデザインスキルを身に付ける場とは異なる位置付けで、狭義のデザイン領域の外側に広がる広義のデザインを学ぶことを目的としています。

プログラムは毎月のオンラインレクチャーを主に、秋には福井県鯖江市や奈良県東吉野村などへの現地でのフィールドワークも組み込まれています。

〈オンラインプログラム〉

・ベーシックレクチャー〜広義のデザインを知る(各回1.5時間、月1回/全7回)

・デザイントーク〜広義のデザインを深める(各回2時間、隔月1回/全3回)

・アクションシェア〜広義のデザインを実践する(各回1〜2時間、隔月1回/全3回〜)

〈現地プログラム〉

・フィールドワーク〜地域を知る(2泊3日、1か所〜)

・インターン〜地域に生きる(1か月〜)

夏以降に始まるフィールドワークでは、伝統工芸の現場を見学できるかも?

夏以降に始まるフィールドワークでは、伝統工芸の現場を見学できるかも?

4月30日の開校式以降、5月からオンラインプログラムがスタートします。

エントリー締め切りは4月23日(日)23:59まで!

詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

information

LIVE DESIGN School 

WEB:公式ウェブサイト

note

Twitter

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.