サイト内
ウェブ

銭湯の一番風呂の権利も!? 足立区のふるさと納税がおもしろい!

  • 2022年11月25日
  • コロカル
足立区のふるさと納税が64品目に拡大

地方創生に寄与するために創設されたふるさと納税制度。

しかし、ふるさと納税による都市部の税減収(流出)額は年々増加し、東京都足立区では、令和3年度には約16億4千万円の減収、令和4年度には約20億7千万円の減収見込みになるそうです。その額は学校改築費用の約半分相当だとか。

足立区ではそのような税減収に歯止めをかけ、返礼品を通じて区の魅力を区外に広く発信しようと、返礼品の提供可能な事業者を広く公募し、今秋返礼品を12品目から64品目に拡大。足立区施設(ギャラクシティ、生物園、都市農業公園)の体験型の新規返礼品もいくつか追加されました。

その中でも本記事では、とりわけユニークなものをご紹介。

まず、常連さんが並んでも入りたいというほど人気の銭湯の一番風呂に2時間貸切入浴できる利用券です。これは寄附金額5万円以上で申請可能。足立区内にある25の銭湯の中から好みに近い銭湯を自治体の方に選んでもらい、沸かしたての、その日まだ誰も入っていない銭湯に貸切で入れます。これからさらに寒くなる時期にこそ味わいたい贅沢なのでは?※特定の銭湯の選択は不可。

東京23区最大のプラネタリウムドーム〈まるちたいけんドーム〉

寄附金額25万円以上には、東京23区最大のプラネタリウムドーム〈まるちたいけんドーム〉2時間貸切権が。寝転がって星や映像を楽しむことができる桟敷席(さじきせき)もあり、こちらもまた貴重で贅沢な体験が待っています。なんと結婚式といったイベントにも活用できるそう。

寄附金額1万円以上で選べる〈はれてまりプリン〉。

寄附金額1万円以上で選べる〈はれてまりプリン〉。

そのほか、足立区ならではのグルメ、日用品など幅広いジャンルのいい品・体験がラインナップ。

もうすぐ年末ですし、駆け込みでふるさと納税をする人も多いはず。ぜひ、パワーアップした足立区の返礼品をチェックしてはいかがでしょう?

information

あだち虹色寄附制度

Web:公式ページ

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.