サイト内
ウェブ

薬の富山でつくられる「クリーンビューティ」なコスメで冬の乾燥対策を!

  • 2022年10月26日
  • コロカル
自然環境と製薬業の歴史、実直なものづくりが組み合わさったお土産

〈美のこわけ〉は、富山の新しい土産ものブランドです。富山のおいしいものをセレクトした〈幸のこわけ〉、工芸品をセレクトした〈技のこわけ〉に次ぐ、第3弾のお土産ブランドとして誕生しました。

企業やブランドを問わず薬都・富山で作られる化粧品やアロマアイテムなど、健やかな美に貢献するクリーンビューティアイテムをセレクトしています。

ウェルビーイングやSDGsへの意識の高まりとともに、コスメアイテムでも地球環境や労働環境へ配慮し、かつ肌や髪に負担の少ない“クリーンビューティ”という考え方が注目されています。

富山県は300年以上前の江戸時代から薬の製造が盛んな土地柄。富山の象徴である立山連峰や富山湾の恵みのもと、漢方に使われてきた植物やハーブを取り入れた化粧品やアロマアイテムもつくられ始めています。

実直なものづくりを得意とする富山のメーカーが作る美容アイテムは、まさに“クリーンビューティ”。

美のこわけには、富山県内の7つの企業やブランドが参加し、まずギフトやお試しに最適なボックス入りのセット商品2種類の販売が始まりました。

「塩炭酸タブレット」2個と「ブレンドティーバッグ」2包、「アロマスプレー Kuromoji」が入った「ぬくもる[温活セット]」。

〈塩炭酸タブレット〉2個と〈ブレンドティーバッグ〉2包、〈アロマスプレー Kuromoji〉が入った〈ぬくもる[温活セット]〉。

温活&スキンケアセットの「うるおう[温活&スキンケアセット]」。「スパイシーバスソルト」、「へちまローション」、 「トウキ葉美容オイル」、「シルクインナーマスク」、「Taromaハンド&ネイルクリーム ゆず」がセットに。

温活&スキンケアセットの〈うるおう[温活&スキンケアセット]〉。〈スパイシーバスソルト〉、〈へちまローション〉、〈トウキ葉美容オイル〉、〈シルクインナーマスク〉、〈Taromaハンド&ネイルクリーム ゆず〉がセットに。

ひとつ目はぬくもるをテーマに、5品をセットにした「ぬくもる[温活セット]」、そしてもうひとつがうるおうをテーマにした「うるおう[温活&スキンケアセット]」です。

富山の象徴、立山連峰の麓にある複合施設〈Healthian-wood(ヘルジアン・ウッド)〉からは〈ぬくもる[温活セット]〉にハーブティー2種類。日本はっか入りとラズベリーリーフ入りのブレンドティーです。

〈前田薬品工業〉のスキンケアブランド〈Taroma〉の商品。

〈前田薬品工業〉のスキンケアブランド〈Taroma〉の商品。

製薬会社〈前田薬品工業〉のスキンケアブランド〈Taroma〉からは、〈うるおう[温活&スキンケアセット]〉に立山柚子の香りが爽やかで伸びのいい〈Taroma ハンド&ネイルクリーム ゆず〉をラインナップ。

富山はさまざまな樹木が茂る森にも恵まれていますが、手入れが行き届かず荒れてしまう山もあります。そんな様子を幼い頃から見てきた女性が、山の将来のために立ち上げたブランドが〈アロマセレクト〉です。

地元の森林組合から仕入れたクロモジやタテヤマスギの間伐材から抽出したエッセンシャルオイルを利用した商品を作っています。〈アロマセレクト〉からは〈アロマスプレー Kuromoji〉が〈ぬくもる[温活セット]〉に入ります。

〈アロマセレクト〉がエッセンシャルオイルの原料にしているクロモジの間伐材。

〈アロマセレクト〉がエッセンシャルオイルの原料にしているクロモジの間伐材。

薬の富山では、漢方薬の研究・製造も盛んに行われてきました。その中でも主に女性向けの漢方薬に使われてきた植物がトウキです。ビタミンやミネラルが豊富に含まれるトウキの葉から抽出したトウキ葉エキスを使ったオイルタイプの美容液がご当地コスメブランド〈LALA HONEY〉の〈トウキ葉 美容オイル〉です。セリ科のトウキのすっとした香りも印象的なトウキ葉 美容オイルは、〈うるおう[温活&スキンケアセット]〉に含まれます。

最深部が1000メートル以上ある富山湾は、ミネラルを多く含む海洋深層水が豊富。1946年から入浴剤を中心に製造してきた〈五洲薬品〉は富山湾の海洋深層水を使ったバスソルトやタブレットを作っています。〈ぬくもる[温活セット]〉には富山湾海洋深層水由来の〈塩炭酸タブレット〉、〈うるおう[温活&スキンケアセット]〉には富山湾海洋深層水塩99%に生姜などの植物成分を加えた〈スパイシーバスソルト〉が入り、どちらも入浴の質を高めてくれます。

富山県西部に位置する射水市で40年近く、農薬を使わずへちまを栽培し、へちまを使った商品を作ってきたのが〈へちま産業〉。江戸時代から美人水と言われるへちま水の〈へちまローション〉が〈うるおう[温活&スキンケアセット]〉のひとつに加わります。

〈美のこわけ〉のセレクトは、富山県西部にある南砺市城端で戦国時代末期から続く絹織物にも及びます。現在城端地区で唯一絹織物をつくる〈松井機業〉からは、絹製のインナーマスク〈シルクインナーマスク〉が〈うるおう[温活&スキンケアセット]〉のアイテムに入ります。絹はあらゆる繊維の中で肌ストレスが一番少ないとされ、マスクの中の唇の荒れ防止になるのだとか。

南砺市城端にある〈松井機業〉。古い建屋の中で絹が織られている。

南砺市城端にある〈松井機業〉。古い建屋の中で絹が織られている。

パッケージには、高岡市金屋町の千本格子の街並みと立山連峰を望む氷見市の島尾海岸をデザイン。

パッケージには、高岡市金屋町の千本格子の街並みと立山連峰を望む氷見市の島尾海岸をデザイン。

富山のものづくりのよさを企業やブランドを超えて、お裾分けの気持ちでセレクトしセットにした美のこわけ。「クリーンビューティ」を志向する方へのギフトや、自分へのご褒美に試しやすいセットになりそうです。

information

〈美のこわけ〉

Web:〈美のこわけ〉公式サイト

writer profile

Saori Nozaki

野崎さおり

のざき・さおり●富山県生まれ、転勤族育ち。非正規雇用の会社員などを経てライターになり、人見知りを克服。とにかくよく食べる。趣味の現代アート鑑賞のため各地を旅するうちに、郷土料理好きに。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.