サイト内
ウェブ

ピエール・ジャンヌレの家具、内藤礼の作品にも注目。アートホテル〈楽土庵〉開業に向け予約受付中!

  • 2022年9月7日
  • コロカル

楽土庵のラウンジ。

世界各地の土徳が生んだ家具や工芸も

田園地帯に家々が点在する、富山県砺波(となみ)市の美しき農村景観「散居村」。この地域で家の周りを囲む屋敷林は「カイニョ」と呼ばれ、国の重点里地里山にも選定されています。

改修前の楽土庵。

散居村鳥瞰 Photo by Nik van der Giesen

 

そんな自然豊かな地に、2022年10月5日(水)、築120年の古民家を再生した宿とレストラン〈楽土庵(らくどあん)〉が開業。現在予約を受けつけています。

楽土庵は、三方を水田に囲まれた「アズマダチ」と呼ばれる富山の伝統的な民家を活かした1日3組限定の宿。

コンセプトは、村の景観・空間・アート・料理・アクティビティなどを通じて「富山の土徳(どとく)」を体感してもらうこと。

「土徳」とは、人と自然がつくりあげてきた、その土地が醸し出す品格のようなものです。富山の地を訪れた民藝運動の創始者・柳宗悦が、厳しくも豊かな環境の中で、恵みに感謝しながら生きる人々に出会い、「ここには土徳がある」と表現したとか。楽土庵は、そんな富山の土徳に触れることで、訪れる人が癒される宿を目指していくといいます。

客室「絹」。

客室「紙」。

客室「土」。

 

館内は、土・木・和紙・絹など古来からの自然素材を用いた、周囲の自然環境や歴史と切れ目なくつながる空間に、民藝・工芸や現代アートが調和しながら設えられます。

芹沢銈介『観世音菩薩』Photo by Nik van der Giesen

柴田雅章の器たち。

李朝家具『調度品』

 

例えば、ピエール・ジャンヌレの家具、李朝のバンダチなどのインテリアに、芹沢銈介・濱田庄司といった民藝作家から富山の工芸作家、内藤礼といった現代美術家の作品まで。世界各地の土徳から見出せる「他力美」が顕現した家具や工芸・美術品を蒐集し、設えに使われています。これらの作品やアメニティ、レストランで使用されるオリジナルの器の多くが購入可能。

レストラン〈イルクリマ〉では、富山の海・山・里の豊富な食材を使った富山ならではのイタリア料理を提供。民藝・工芸品、富山の食などを扱うブティックが併設されています。

また、宿泊料金の2%を散居村保全活動に回したり、散居村の魅力を体感するアクティビティの実施など、村の保全と未来継承に取り組むプロジェクトもあり、地域の再生にも寄与する新たな旅のスタイル「リジェネラティブ(再生)・ツーリズム」を推進していくといいます。

開業にあたり、スパークリングワイン付き開業記念宿泊プランや、宿での茶道の稽古、富山の森の精油を使ったアロマスプレーづくりなど、特別な体験メニュー付きプランも発売されるそうなので、この機会をお見逃しなく。

散居村

散居村。

時代や国境を超えて器物が調和する様を「複合の美」と呼んだ柳宗悦。散居村の景観からつながる楽土庵の複合の美の空間を、ぜひ味わってみて。

information

楽土庵

住所:富山県砺波市野村島645

TEL:0763-77-3315

Web:楽土庵 公式サイト

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.