サイト内
ウェブ

北アルプスの水で京都の老舗酒蔵が醸す日本酒〈mine〉

  • 2022年8月10日
  • コロカル
ナチュラルミネラルウォーターを仕込み水に

〈安曇野ミネラルウォーター〉が7月16日に発売した、長野県安曇野の資源を活用した新しい日本酒〈mine(ミネ)〉が、日本酒業界に新しい風を吹かせています。

日本酒は、米・水・麹とシンプルな原材料でできています。多くの酒蔵は、その土地の水で仕込みますが、今回は長野・北アルプスの水を用いて京都の老舗酒蔵が仕込むという、日本酒の“あたりまえ”を覆すコラボレーションとなったのです。

左 mine 12度(720ml)15400円、右 mine 原酒(720ml)19800円 ※数量限定

左 mine 12度(720ml)15400円、右 mine 原酒(720ml)19800円 ※数量限定

原料となる水は、名水百選にも選ばれている北アルプスの湧水をこまかなフィルターで丁寧にろ過した、同社独自のナチュラルミネラルウォーターです。そのまま飲んでも十分おいしい水を、酒米を水に漬ける段階から贅沢に使用。安曇野の自然の恵みを存分に味わえる日本酒になっています。

水の甘み際立つ。長野県・安曇野の天然水から 生まれた日本酒「mine」。

この日本酒の特長は、硬度30mg/Lの軟水がもたらす、なめらかな口当たりとほんのりとしたやさしい甘みです。すっきりとした爽やかさもあり、さらりと飲みやすい味わいになっています。

商品ラインナップは原酒のほか、度数を低めにした〈mine 12度〉の2種類。日本酒が好きな人でも、普段なじみのない人でも幅広く楽しめそうです。

京都の老舗酒造とコラボした新しい挑戦

このプロジェクトは、「安曇野の豊かな資源を活用したい」「安曇野の水の価値を高めたい」という同社の想いからスタートしました。

炭酸水や化粧水などさまざま検討するなかで、その特長を生かせる日本酒に着目。水をふんだんに使ってつくることで、安曇野の水の良さを十分に引き出せると考えました。

プロジェクト実行にあたって、同社がラブコールを送ったのが、京都・伏見の老舗酒蔵メーカー〈招德酒造〉です。

創業1645年の招德酒造は、古くから地元・伏見の水を活用した日本酒を大事にしてきた酒蔵。ほかの土地の水を使った日本酒づくりは異例のことでしたが、「違う水を使うことで、伏見の水を見つめ直すきっかけになるのではないか」「日本酒づくりの新しい道が拓けるのではないか」という想いから、今回のコラボレーションが実現しました。

京都・伏見の老舗酒蔵メーカー〈招德酒造〉とのコラボによって誕生した日本酒「mine(ミネ)」。

安曇野のナチュラルミネラルウォーターは、伏見の水より硬度が低くやわらかいため、発酵の進み方も異なります。老舗酒造の技術と経験を生かしながらも、まさに試行錯誤の連続。こまかな調整と、丁寧な作業により日本酒づくりが進められました。

さらに今回のプロジェクトでは、京都産の酒米「祝(いわい)」をはじめて35%まで磨き上げました。さまざまなハードルを乗り越え、本来であれば交わることのなかった「安曇野の水」と「京都の酒蔵」が見事に融合し、日本酒の可能性を広げる一本が誕生。

「安曇野の水をたっぷり使ったmineが、日本の資源について考えるきっかけになったらうれしい」と安曇野ミネラルウォーターの代表取締役・新井泰憲さんは話します。

安曇野ミネラルウォーターと招德酒造の挑戦から生まれた日本酒「mine」。商品名の「mine」には“峰=頂き・トップ”という意味が込められている。

商品名の「mine」には、“峰=頂き・トップ”という意味が込められています。安曇野ミネラルウォーターと招德酒造、2社の新しい挑戦から生まれたこの日本酒は、自分を鼓舞したいときや、誰かを応援したいときなどさまざまな場面でがんばる人々の背中を押してくれそうです。

information

mine(ミネ) 

Web:mine公式サイト

*価格はすべて税込です。

writer profile

Ayumi Otaki

大瀧 亜友美

おおたき・あゆみ●山形県出身。広告制作会社や出版会社での勤務経験を活かして、フリーライターへ転身。WEBや紙媒体で編集から取材、執筆まで幅広く行う。旅や料理、植物など心を豊かにしてくれるモノやコトが大好き。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.