サイト内
ウェブ

食べてみらんね? 素材にこだわった福岡のかき氷9選!

  • 2022年8月5日
  • コロカル

猛暑が続く今年の夏。

福岡では3年ぶりに博多祇園山笠も開催され、熱気あふれる本格的な夏が到来!

その暑さにも負けない、アツいかき氷前線。こだわりのかき氷、食べてみらんね?

〈& LOCALS〉のこだわり絶品“なつ氷”

〈八女抹茶〉1200円(税込)

〈八女抹茶〉1200円(税込)

自家製きび練乳と3種の天然蜜の“なつ氷”が〈&LOCALS〉でスタート!

〈八女抹茶〉は、福岡県のお茶どころである八女の〈星野製茶〉の抹茶を使用し、濃厚でほのかな苦味が味わえる本格派です。

すべてのかき氷にかけられている自家製きび練乳には、生乳と奄美大島のきび砂糖を煮詰めたものに隠し味として“麹”が加えられているそう。

きなこのような風合いとふわふわとした舌触りで、きび練乳だけでもじゅうぶんおいしくいただけます。

佐賀県・川上峡名物の〈元祖吉野屋〉から取り寄せるヘルシーな特注玄米白玉は、やさしい味わいとほどよい硬さが◎。〈北川製餡〉の北海道産小豆を使用した、オリジナルの蜜小豆も甘すぎずすっきりとしています。

〈八女和紅茶〉1200円(税込)、他〈博多あまおう〉1200円(税込)

〈八女和紅茶〉1200円(税込)、他〈博多あまおう〉1200円(税込)

今年、新登場の〈八女和紅茶〉。香り高い紅茶品種の〈紅ふうき〉から作られた紅茶蜜は、きび練乳とも相性よくミルクティーのようにやさしく上品な味わいに仕上がっています。

蜜は後がけのスタイルなので、かける前と後で異なる味わいが楽しめるのもいいところ。

ちょうどいいサイズ感で食後は穏やかな余韻が続きます。

福岡市のオアシス、大濠公園内にある&LOCALS(左)

福岡市のオアシス、大濠公園内にある&LOCALS(左)

九州を中心に地域のいいものを集め、「尊い生産者と食卓をつなぐ」&LOCALS。

大濠公園の開放的なロケーションも最高です。

ゆったりと景観を眺めながら、火照った体をクールダウンしてみては?

information

&LOCALS 大濠公園

住所:福岡県福岡市中央区大濠公園1-9

TEL:092-401-0275

営業時間:9:00〜18:30(18:00L.O.)※かき氷の提供は11:30〜

定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)

Instagram:@andlocals

Web:&LOCALS

  〈くらすこと〉のフルーツたっぷり贅沢しろくま

〈くらすことのしろくま〉三年番茶付 1350円(税込)

〈くらすことのしろくま〉三年番茶付 1350円(税込)

福岡市中央区平尾にある、こころとからだ、食べるものや子育てといった日常の暮らしの提案をベースにカフェと雑貨の店を営む〈くらすこと〉。

夏の期間限定で提供される〈くらすことのしろくま〉は、フレッシュなフルーツに自家製のあんずのシロップや練乳、あんこ、白玉がトッピングされた贅沢な一品です。

佐賀県唐津市の〈村山牛乳〉の牛乳を自店で煮詰めてつくる練乳や、福岡県うきは市や福津市などから旬の時期に仕入れてつくったあんずシロップがたっぷり使われています。

さらに小豆の状態によって炊き方や甘さを調整しているという自家製のあんこが底に敷き詰められ、「最後まで飽きずに食べれるように」というひと工夫も。

丁寧な手仕事から生まれた、贅沢なしろくまです。

〈自家製シロップ3種かけ〉三年番茶付 いちご・キウイ・パインとパッションフルーツ 1250円(税込)

〈自家製シロップ3種かけ〉三年番茶付 いちご・キウイ・パインとパッションフルーツ 1250円(税込)

3種類の自家製シロップのかき氷もまた、魅力的。

「旬の時期に採れたさがほのかとあまおう、きび砂糖を合わせた苺シロップに、キウイ、パイナップルとパッションフルーツを加えトロピカルな風味をプラスしました。フルーツのおいしさをより楽しんでいただけると思います」(スタッフ芦田さん)

手間暇かけてつくられた、くらすことのかき氷。ひとつひとつの素材をじっくりと味わいたいですね。

ほっとする、小さな三年番茶がセットになっています。

information

くらすこと

住所:福岡県福岡市中央区平尾1丁目11-21-2F

TEL:092-791-9696

営業時間:11:30〜17:00(16:15L.O.)

定休日:日曜、月曜

Instagram:@kurasukoto

Web:ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと

 地元個性派スーパーが運営する〈熱捨〉のドルチェかき氷

〈いちごソース&カシューナッツクリーム〉1500円(税込)

〈いちごソース&カシューナッツクリーム〉1500円(税込)

ドルチェかき氷〈熱捨(ねつすて)〉。

こちらは福岡で話題の個性派スーパー〈ダイキョーバリュー〉が運営しているかき氷店で、2021年に夏季限定でスタートしました。

ダイキョーバリューは、昨年発売した〈はぎトッツォ〉が爆発的人気となるなど、お惣菜のバリエーションとクオリティの高さが人気の地元に愛されるスーパーです。

熱捨は、料理家の宮村ゆかりさんの監修のもとダイキョーバリュー惣菜部門所属の従業員を中心に考案されたレシピで、着色料や保存料は一切使用しない体にやさしいかき氷を提供します。

〈Raw糸島産完熟甘夏ソース&手作り練乳レアチーズクリームのせ〉1200円(税込)※8月の期間限定でなくなり次第終了。

〈Raw糸島産完熟甘夏ソース&手作り練乳レアチーズクリームのせ〉1200円(税込)※8月の期間限定でなくなり次第終了。

こだわりの素材を使った熱捨の「ドルチェかき氷」のなかから、数量限定の糸島産の完熟甘夏を使ったかき氷をピックアップ。

トッピングのメレンゲのサクサク食感と濃厚なレアチーズクリームの相性がよく、甘夏のフレッシュな爽やかさと絶妙にマッチしています。

内部には甘夏をベースにした2種類のRawソースと甘夏ゼリーが隠れているので、最後まで異なる味わいと食感を楽しめる一品です。

背丈よりもずいぶん高い位置に実る甘夏。農家さんが採りきれなかった分を収穫したそう。

背丈よりもずいぶん高い位置に実る甘夏。農家さんが採りきれなかった分を収穫したそう。

そして驚くことに、ダイキョーバリューの従業員さん自ら甘夏を収穫したのだそう!

7月中旬、青果担当を中心とした有志が集まり、福岡市の西に位置する糸島市の農家さんへ。

収穫した完熟甘夏は自社で果肉を取り出し真空パック、今年の甘夏のかき氷はすべてこの糸島産完熟甘夏で作られるとのこと。

個性派スーパーの気概を感じるエピソードですね。

熱捨で調理を担当する、ダイキョーバリューの従業員のみなさん。中央がレシピを担当するマーケティング企画部部長の秋吉奈々恵さん。

丸く仕上げるにはコツがいるという。薄く舞い降りる氷がふんわりと整形されていく。

最後の仕上げに、メレンゲをトッピング。アガペシロップに漬け込んだ甘夏がたっぷり盛りつけられる。

グリーンが配置された自然光の入る明るい店内。

ダイキョーバリューは1978年創業。全国のスーパーマーケットやコンビニが惣菜・弁当を出品し競う『お弁当・お惣菜大賞』で10年連続受賞、2022年度は最優秀賞を受賞するという快挙を達成。

 

ドルチェかき氷は、定番の3種に期間限定の2〜3種をご用意。

「この夏もたくさんの方に『熱を捨て』に来ていただけたらうれしいです」(秋吉さん)

生き生きと、楽しみながら働く従業員のみなさんが印象的でした。

ダイキョーバリュー弥永店でお買い物をした後は、向かいの熱捨でひと休み、喉を潤してはいかがでしょうか?

information

ドルチェかき氷 熱捨

住所:福岡市南区柳瀬1-33-1

TEL:070-1307-6919

営業時間:11:00〜17:00(16:30L.O.)

定休日:なし

営業期間:7月28日(木)〜10月31日(月)

Instagram:@netsusute

※予約は前日の17:00まで、問合せはインスタグラムのDMにて

  太宰府天満宮〈MIDLE.〉のシンプルかき氷

〈あまおうのかき氷〉1000円(税込)

〈あまおうのかき氷〉1000円(税込)

福岡の観光名所といえば、太宰府天満宮。

中心市街地から少し足を伸ばせば、自然と歴史情緒に触れられるのが福岡のいいところ。

天満宮の参道にある〈MIDLE.(ミドル)〉は、太宰府では珍しい南インドのミールスやチャイなどを楽しめる古民家カフェで、8月の期間限定で自家製のかき氷をいただけます。

“あかい、まるい、おおきい、うまい”の福岡の苺ブランドあまおうと砂糖のみで作ったシロップは、ごろっとした果肉を残したシンプルながらも濃厚な味わい。

鮮やかな色合いが目を引きますね。

〈チャイのかき氷〉900円(税込)

〈チャイのかき氷〉900円(税込)

大人向けのかき氷なら、こちらがオススメ。

MIDLE.の自家製チャイで使うアッサムティーをベースに、カルダモンやクローブ、生姜、ブラックペッパーなどを煮詰めてつくったチャイシロップは、少しピリッとした後味がクセになります。練乳の甘みでバランスのよい仕上がりに。

かき氷を盛りつける器は、MIDLE.店主と親交もある福岡の陶芸作家の石原稔久さんのものを、スプーンは陶器との相性を考えサクラの木から削り出したものを特注でオーダーしたそう。

かき氷だけでなく、食べるための道具にもこだわった一品です。

緑の生い茂る小庭でゆったりと流れる時間とともに、涼を感じてみてはいかがでしょう。

information

MIDLE. 

住所:福岡県太宰府市宰府3-2-10

TEL:092-922-8325

営業時間:11:00〜16:00 ※2022年8月時点の営業時間です。

定休日:木曜、金曜

Instagram:@midle.2017

 〈Mei Cafe〉で堪能する、魅惑のマンゴーかき氷

〈マンゴーかき氷〉 3000円(税込)

〈マンゴーかき氷〉 3000円(税込)

最後にご紹介するのは、福岡市中央区春吉にある〈Hotel Mei〉のラウンジカフェ〈Mei Cafe〉。

「八百屋の作る本気のフルーツサンド」で有名な愛知県岡崎市のダイワスーパーが目利きした旬のフルーツをふんだんに使ったかき氷はいかがでしょうか?

夏のフルーツの代表格であるマンゴーのなかでも、芳醇な香りとジューシーな味わいが特徴の宮崎完熟マンゴーは、1玉で数千円するほど高級品。

その宮崎完熟マンゴーを丸々ひとつ惜しげもなくトッピングした、マンゴーの魅力を存分に味わえる一品です。

かき氷の中には自家製ミルクソースとマンゴージュレが入っています。

その他、桃やメロン、ハニーグロウパインのかき氷などフルーツ好きにはたまらないラインナップです。

ボリュームたっぷりの新鮮なフルーツを堪能するなら、Mei Cafeへ!

information

Mei Cafe 

住所:福岡市中央区春吉2-16-19 

TEL:092-771-6221

営業時間:11:00〜18:30(18:00L.O.)

定休日:なし

Instagram:@daiwa_hakata

Web:︎Mei|メイ-博多天神のモダンなライフスタイルホテル

 

自然派からドルチェ系まで。素材にこだわった福岡の絶品かき氷をご紹介しました。

まだまだ続く夏の暑さは、心も体も潤うかき氷で乗り切って!

*価格はすべて税込です。

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.