サイト内
ウェブ

提灯の灯りと妖怪…柳川の老舗料亭旅館が織りなすこの夏、特別な夜

  • 2022年7月1日
  • コロカル
文化財の中に、伝統工芸のあかりが灯る夜

福岡県柳川市といえば、市中に堀割が張り巡らされた城下町。その中心部に位置する〈柳川藩主立花邸 御花〉は、かつてこの地を収めた柳川藩主・立花家の屋敷を、その末裔が受けつぐ老舗料亭旅館です。約7000坪もの敷地内には、伯爵家時代の邸宅や庭園もあり、その全てが国指定名勝に指定されています。

その〈御花〉でこの夏、開催されるのが、同じく福岡県の中でも“伝統工芸のまち”として知られる八女市で、約200年にわたり〈八女提灯〉をつくり続ける〈伊藤権次郎商店〉とタッグを組んだ〈奇怪夜行〉。「妖怪」をテーマにした提灯たちが、文化財にあかりを灯す、夏の夜に、贅沢かつ、涼しさを届けてくれるイベントです。

代々伝わる絵巻物に着想を得た、妖怪の世界

イベントが開催されることになったきっかけは、元々、妖怪が描かれた提灯を製作していた〈伊藤権次郎商店〉8代目・伊藤博紀氏からの、「〈御花〉で展示することはできないか」という問い合わせから。偶然にも、立花家にも妖怪をテーマにした絵巻物が代々残されており、両者の想いが一致したのでした。

会場には、初開催となった昨年、絵巻物から妖怪を選び、描かれた提灯に加え、今年は未発表の作品も展示される予定。これまでにない、「新しい提灯の世界」が広がります。

敷地内の立花家史料館では、絵巻物の展示も。合わせて鑑賞すれば、世界観を余すことなく堪能できそう。

夜市や、妖怪ルームでの宿泊プランも

7月30日(土)から8月14日(日)まで、16日間にわたって開催されるイベント期間中には、土日を中心に、選りすぐりのスイーツショップなどが出店する夜市も開催。

「こわい(恐怖)」と「あまい(幸福)」の相反する感覚も隠れたテーマに。

「こわい(恐怖)」と「あまい(幸福)」の相反する感覚も隠れたテーマに。

さらに期間中、1日1部屋限定で、妖怪提灯と一夜を過ごすことができる、「妖怪ルーム」を用意。宿泊者には、イベント限定提灯のプレゼントも。

「妖怪ルーム」の宿泊は、2名1室利用で1名あたり52140 円〜(2食付き、税・サービス料、宿泊税込)

「妖怪ルーム」の宿泊は、2名1室利用で1名あたり52140 円〜(2食付き、税・サービス料、宿泊税込)

福岡空港や博多駅、繁華街・天神などからも、アクセスしやすい柳川。この夏の小旅行にいかがでしょうか?

information

柳川藩主立花邸 御花

住所:福岡県柳川市新外町1

Web:柳川藩主立花邸 御花

奇怪夜行

会期:2022年7月30日(土)〜8月14日(日)

時間:18:00〜21:00(最終入場 20:30)

※おはな夜市は、7月30日(土)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)、13日(土)、14日(日)の15:00〜21:00に開催

入館料:一般 1500円、高校生 1000円、小中学生 500円、乳幼児 無料

*価格はすべて税込です。

writer profile

Satoko Shikada

鹿田 吏子

しかだ・さとこ●長崎県出身、福岡県在住。情報誌編集部を経て、フリーランスに。雑誌や企業広報誌などで編集、取材、執筆などを行う。時間ができると国内外の旅に出かけ、存分に楽しんだのち、日常に戻る瞬間が好き。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.