サイト内
ウェブ

写真家・瀧本幹也さんと京菓子がコラボ。風流なおせんべいが発売!

  • 2022年7月6日
  • コロカル

麩焼きせんべい〈景〉3枚 各1620円

パッケージに瀧本さんの写真が

三十三間堂の名で親しまれる蓮華王院の近くで、慶応元年から和菓子づくりを行う京菓匠〈七條甘春堂〉より、写真家の瀧本幹也とのコラボレーション菓子が発売されています。

今回発売されたのは、パッケージに瀧本さんの美しい写真がプリントされた「麩焼きせんべい」。

麩焼きせんべいは、古くからお茶人に愛される京菓子。米と和三盆、水のみを使い、ほのかな甘さのある、さくっとしたおせんべいです。

また京菓子の包装紙や掛紙のデザインは、昔から当時のアーティストが手がけ、時代の文化を反映するものでもありました。その伝統を受け継ぎ、今回瀧本さんの写真をパッケージにプリント。春夏秋冬、各季節の風情漂う、4パターンが展開されました。この中には、昨今撮影された京都の風景もあるそうです。

山笑う

〈山笑う〉

夏来る

〈夏来る〉

山粧ふ

〈山粧ふ〉

山眠る

〈山眠る〉

お煎餅のデザインは、瀧本さんの作品のイメージに合わせ、〈山笑う〉は、春の花と花に集まる蝶を、〈夏来る〉は、俵屋宗達や尾形光琳が描く波の幻想的で洗練された造形をイメージ。〈山粧ふ〉は、秋の色とりどりに紅葉し、木から舞い落ちる木の葉を、〈山眠る〉は、冬の静かで銀白の雪山や霜ばしらがデザインされました。

アートディレクションを担当した関本明子さんは、おせんべいが軽やかなので、視覚と食感にコントラストが出るようにと、全体的にシャープなデザインにしたといいます。

オンラインにて販売されているので、気になる方はぜひ覗いてみては?

information

七條甘春堂

Web:七條甘春堂 公式サイト

*価格はすべて税込です。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.