サイト内
ウェブ

〈わらしゃんらんど〉って?遊びながら知る・好きになる岩手の風景・岩手の文化

  • 2022年5月23日
  • コロカル
岩手を知って、好きになろう

「わらしゃんど」とは、岩手の言葉で「子どもたち」を意味します。

「子どもたちに、楽しみながら岩手を知ってもらい、自分の住むまちを好きになってほしい」

そんな思いをもったクリエイターが集まり、自主的に結成されたのが、〈チームわらしゃんど〉です。

岩手県の全33市町村の名所や名物を、子どもの心をもった妖精わらしゃんどとしてキャラクター化し、彼らが住む世界〈わらしゃんらんど〉を生み出しました。

岩手県の全33市町村の名所や名物を子どもの心をもった妖精〈わらしゃんど〉としてキャラクター化、彼らの住む世界〈わらしゃんらんど〉が〈チームわらしゃんど〉によって生み出された。

チームわらしゃんどでは、これまで、わらしゃんどが自分のまちを紹介するクイズ映像や、「岩手」の名の由来になった鬼の伝説をアニメーションにした「いわてものがたり」などをウェブサイトで公開。映像をまとめたDVD を、県内の認定こども園・保育所・児童養護施設などに届ける活動を行ってきました。

このわらしゃんらんどから、新たに誕生したのが、トランプ。「オンラインゲームやYouTubeではない、人と直に触れ合うアナログな遊びを通じて岩手を知ってもらいたい」と開発されました。

(左から)「擬宝珠」、「石割桜」、「南部鉄器」、「わんこそば」の〈わらしゃんど〉が描かれたトランプカード。

(左から)「擬宝珠」、「石割桜」、「南部鉄器」、「わんこそば」のわらしゃんどが描かれたトランプカード。

トランプには、岩手と言えば思い浮かべる人も多いであろう「わんこそば」や「南部鉄器」、盛岡を代表する風景のひとつ「石割桜」や中津川に架かる橋の「擬宝珠(ぎぼし)」をはじめ、各まちの特産品や芸能などからアイデアを得たわらしゃんどが描かれ、「んだなはん(そうだよね)」、「はかはかする(ドキドキする)」など、キャラクターごとに違う方言が添えられています。

岩手県一高い「岩手山(いわてさん)」をモチーフにしたお相撲さんの〈いわてやま〉や、NHKの朝ドラ〈あまちゃん〉にも登場した「三陸鉄道」の形をした〈てっさん〉、大槌町の伝統芸能「虎舞(とらまい)」から着想を得た〈とーら〉もいます。

岩手県一高い「岩手山(いわてさん)」をモチーフにしたお相撲さんの〈いわてやま〉や、NHKの朝ドラ『あまちゃん』にも登場した「三陸鉄道」の形をした〈てっさん〉、大槌町の伝統芸能「虎舞(とらまい)」から着想を得た〈とーら〉もいます。

イラストを手がけるのは、盛岡市在住のオガサワラユウダイさん。岩手ではお馴染みの、「わんこそば」と「漆器」をモチーフにした、いわて観光PRキャラクター〈わんこきょうだい〉の作者です。「わらしゃんどのトランプをつくろう」と決めたことから、ジョーカーも含めた54のキャラクターが誕生しました。

ジョーカーに描かれているのは、「岩手」の名の由来になったとされる、岩に手形を残した鬼・「羅刹鬼(らせつき)」にちなんだ〈らっせ〉と〈つっき〉。

ジョーカーに描かれているのは、「岩手」の名の由来になったとされる、岩に手形を残した鬼・「羅刹鬼(らせつき)」にちなんだ〈らっせ〉と〈つっき〉。

岩手にある世界遺産・「橋野鉄鉱山」(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業)、「中尊寺金色堂」(平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-)、「御所野遺跡」(北海道・北東北の縄文遺跡群)から生まれた(左から)〈てっこうざん〉、〈こじんがー〉、〈ごしょのん〉。

岩手にある世界遺産・「橋野鉄鉱山」(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業)、「中尊寺金色堂」(平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-)、「御所野遺跡」(北海道・北東北の縄文遺跡群)から生まれた(左から)〈てっこうざん〉、〈こじんがー〉、〈ごしょのん〉。

〈わらしゃんど〉の中には、強風や家畜の排泄物を「天地のめぐみ」と考えエネルギーに変えたエコのまち・葛巻町や、まちの面積の90%が森林で、「森林・林業日本一」を目指す住田町の活動を紹介するキャラクターも。大人が遊んでも学びや発見がある楽しい商品です。

左上が住田町の〈のっぴー〉、その隣が葛巻町の〈えこもこ〉。ほかにも、野田村の「のだ塩」をかつて沿岸から内陸へ塩を運んだ牛「野田ベゴ(ベコは牛の意味)」や、釜石市の「甲子柿」、北上市の「二子(ふたご)さといも」、矢巾町の「原木生しいたけ」など、特産品を教えてくれる〈わらしゃんど〉も多くいます。

左上が住田町の〈のっぴー〉、その隣が葛巻町の〈えこもこ〉。ほかにも、野田村の「のだ塩」をかつて沿岸から内陸へ塩を運んだ牛「野田ベゴ(ベコは牛の意味)」や、釜石市の「甲子柿」、北上市の「二子(ふたご)さといも」、矢巾町の「原木生しいたけ」など、特産品を教えてくれる〈わらしゃんど〉も多くいます。

遊びながら、岩手の見どころも歴史も言葉も知ることができるトランプ。同時に、取り札にわらしゃんどのイラスト、読み札に方言が記された、かるたも発売になりました。盛岡市の〈パルクアベニュー・カワトクcube-II〉や〈5858 -koyakoya- by MAGARIYA〉、〈カネイリスタンダードストア 盛岡フェザン店〉などで購入できます。岩手に暮らす人にはもちろん、おみやげにもおすすめです。

同時発売となった、かるた(2750円)と、トランプ(1650円)

同時発売となった、かるた(2750円)と、トランプ(1650円)

information

わらしゃんらんど

web: わらしゃんらんど

トランプ:1650円

カルタ:2750円

取扱店(盛岡市):パルクアベニュー・カワトクcube-II、5858 -koyakoya- by MAGARIYA、カネイリスタンダードストア 盛岡フェザン店、盛岡共同印刷

ほか、マルカンビル1階(花巻市)、Flore Cafe(一関市)などでも販売

*価格はすべて税込です。

writer profile

Haruna Sato

佐藤春菜

さとう・はるな●北海道出身。国内外の旅行ガイドブックを編集する都内出版社での勤務を経て、2017年より夫の仕事で拠点を東北に移し、フリーランスに。編集・執筆・アテンドなどを行なう。暮らしを豊かにしてくれる、旅やものづくりについて勉強の日々です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.