サイト内
ウェブ

GWおすすめスポット!ニコライ・バーグマンのフラワーガーデンが箱根に誕生

  • 2022年4月13日
  • コロカル

ニコライの感性と箱根の自然が共鳴

日本独自の伝統、文化、風土をインスピレーション源に、和と洋を融合した独自のデザインで20年以上日本を拠点に活動するデンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン。

2022年4月15日(金)、箱根・強羅にそんなニコライによる〈ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ〉がオープンします。

箱根・強羅に「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」がオープン。

ニコライがかねてより望んでいた、日本でのインスピレーションを形にし永続的に残したいという思いで見つけたのは、手つかずの自然がそのまま残り、自然と一体になれる強羅の土地。その土地に惚れ込み、自然保護を核にフラワーデザインを通し、人と自然が繋がる唯一無二の場所を目指し、ガーデンをつくり上げてきました。

人と自然が繋がる唯一無二の場所を目指して作られた〈ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ〉。

そうしてできあがったのが、ニコライの感性と箱根の自然が共鳴し、四季折々の自然の美しさを五感で感じられるアートキャンバス。

箱根にある石や枝、落ち葉などで形成されたオブジェやフラワーアートインスタレーション、フラワープランター、鉢物は常に姿を変えて各所に散りばめられ、一面が桜色になる春、紫陽花の美しいグラデーションに包まれる初夏、ススキの銀色が幻想的に現れる秋、寒さの中で懸命に輝く冬の自然と、どの季節に足を運んでも素晴らしい景色が広がります。

ニコライの感性と箱根の自然が共鳴し、四季折々の自然の美しさを五感で感じられるアートキャンバス。

鉢物は常に姿を変えて各所に散りばめられ、どの季節に足を運んでも素晴らしい景色が広がる。

箱根近郊の食材を使ったスカンジナビアスタイルのカフェ〈ニコライ バーグマン ノム 箱根〉も同時オープン。

また、ガーデン内には、箱根近郊の食材を使ったスカンジナビアスタイルのカフェ〈ニコライ バーグマン ノム 箱根〉も同時にオープン。自然光が降り注ぐ心地よい空間で、地元の豊かな食材を取り入れたサラダやスイーツ、オリジナルドリンクなどが楽しめます。インテリアにはデンマークの家具ブランド〈FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)〉〈LOUIS POULSEN(ルイス・ポールセン)〉の照明などを取り入れ、大自然になじむ洗練された空間を演出。

開園時間は10:00から17:00までの3部制(10:00〜12:15/12:30〜14:45/15:00〜17:00 ※冬季の3部は15:00〜16:30)で、希望の部を選択して予約。車で来場の場合は、駐車券も合わせて購入が必要です。

ガーデンはキャッシュレス決済のみを導入しており、チケットも事前にウェブ予約を。毎月15日に翌月分のチケット予約が開始されます。

入り口付近に咲く紫陽花は、南青山で開催されるニコライ バーグマンのフラワー スクールで使った花の根を再利用したもの。同ガーデンのシンボルでもあります。

入り口付近に咲く紫陽花は、南青山で開催されるニコライ バーグマンのフラワー スクールで使った花の根を再利用したもの。同ガーデンのシンボルでもあります。

日本にまた、美しい場所が誕生しました。ニコライの感性とアート、自然が交わる贅沢な空間へぜひ足を運んでみて。

information

ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1323-119

アクセス:箱根登山電車「強羅駅」下車 箱根登山バス 観光施設めぐりバス こもれび 坂バス停下車 徒歩5分

営業時間:10:00〜17:00(※冬季16:30まで)

開園期間:通常期 10:00〜17:00、冬季(12月〜2月)10:00〜16:30予定

定休日:月曜日、年末年始

チケット:大人 事前Web予約1500円 現地購入1800円、学生 事前Web予約1100円 現地購入1400円(クレジットカード・電子マネー決済のみ)

※小学生以下は無料

※園内では全てキャッシュレス決済

Web:ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ 公式サイト

*価格はすべて税込です。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.