サイト内
ウェブ

写真家・若木信吾さん、本屋をオープンして11年、浜松につくった文化とは

  • 2022年1月18日
  • コロカル
BOOKS AND PRINTSが浜松に残したもの

大手書店とは異なるこだわりのセレクトで、店主の個性が垣間見える。そんなブックストアが、東京や都心部のみならず、全国に増えてきた。その先駆けとなったのは、静岡県浜松市にある〈BOOKS AND PRINTS〉だろう。数々の雑誌の表紙撮影や写真集なども発売している写真家・若木信吾さんが、生まれ故郷である浜松市で始めた本屋だ。しかし当時、本人には“先駆け”なんてつもりもないし、“地域貢献”のつもりでもなかった。

ビルの前には大きな立て看板。

ビルの前には大きな立て看板。

若木さんは浜松で生まれ育ち、高校生までを過ごした。自宅から高校まで、自転車で毎日まちなかを通り抜けて通っていたという。

「写真部でしたけど、実質は帰宅部のようなもの。学校が終わったら、すぐに帰って、映画を観たり、本屋さんに立ち寄ったり。今はひとつしかないけど、映画館はもう少しありましたね。当時は浜松に写真集なんて売ってなかったから、写真に触れ合うといえば雑誌がメイン。『POPEYE』や『BRUTUS』などをよく読んでいました」

写真自体は小学生から興味を持ち、撮影もしていたという。

「海外の写真家に興味を持ったのは、ポストカードから。近くに額装屋さんがあって、そこでアンリ・カルティエ=ブレッソンとかのポストカードを売っていたんです」

店内に入ると、左手一面に本棚が。

店内に入ると、左手一面に本棚が。

高校卒業後、写真家を目指す若木さんが選んだのは、東京ではなくニューヨークの大学。当時は、海外旅行のハードルも低くなり、同時に海外留学する人も多かった。地方の人が東京に憧れるのと並列に、海外という選択肢も選べる時代になりつつあったのだ。

大学を卒業後は日本、ニューヨーク、サンフランシスコを行き来しながら仕事をする生活が10年ほど続いた。そして徐々に日本での仕事が増えてきて、東京に腰を据えたのが1999年のこと。このとき、選択肢は浜松ではなかった。

「雑誌が好きで写真を始めたけど、浜松には雑誌がないですもんね。いまほど、物理的にも精神的にも、東京と浜松が近くは感じなかったです」

勢いで本屋をオープンしたが……

こうして順調に東京でキャリアを積んでいたところ、2010年、突如、浜松にBOOKS AND PRINTSをオープンする。

「お正月に浜松に帰ったときに、久しぶりにまちなかを歩いてみたんです。当時はドーナツ化現象で、郊外のショッピングモールが流行っているようでした。まちの中心は、見事にシャッターが目立つ感じでしたね。これなら物件を安く借りられるんじゃないかと思ったんです」

近くの大学生などが多くアルバイトしている。

近くの大学生などが多くアルバイトしている。

思い描いたのは、自分が持っていた蔵書を売るような小さなお店だ。

「本屋が好きなので、旅などに行くと、必ず現地の本屋さんに立ち寄ります。写真集も集めていて家に山積みになっていたし、これを売るのもいいのではないかと。それに浜松には写真集を売るお店なんてなかったから、おもしろいと思いました」

東京は家賃が高いし、写真集を売る本屋もたくさんある。あえてそこを選ぶ理由がない。

「友だちや同じ浜松出身のアーティストたちに手伝ってもらったりしながら、自分たちで壁を塗ったりして、楽しかった。それでオープンはしたのですが、仕事が忙しくて、3か月くらいシャッターが下りたまま放置してしまったんです。ほかのスタッフなど雇わずに、自分が帰ってきたとき、週1回くらい開ければいいやと思っていたら、3か月経っていました」

浜松のまちなかにて。

浜松のまちなかにて。

これを見かねたのが、若木さんの父親。開いてない本屋なんて意味がないと、店番を買って出たのだ。

「お客さんが少しずつ来るようになってきたら、うちの親父が仲良くなって、コミュニティができていたんですよね。そのなかで興味がありそうな人たちに声をかけて、お店を手伝ってもらうことにしました」

ダウンタウンの古びた本屋のように

2013年、現在の店舗があるKAGIYAビルに移転する。店舗面積はグッと広くなった。

「KAGIYAビルに入らないかと誘われて。ちょうど、本屋といえばカフェも付けたい、イベントもやりたいと思っていた時期でした。あるとき仕事で鹿児島に行ったのですが、現地でみんな自由にお店をやっているなと思って、勇気づけられたことも背中を押してくれました」

KAGIYAビルは、1961年に建てられた浜松で最初の鉄筋の商業ビル。もともとはここがまちの中心地で、このビルも〈山一証券〉などの大きな会社が入るようなビルだった。しかし経年劣化は否めない。

たくさんの個性的なテナントが入っているKAGIYAビル。

たくさんの個性的なテナントが入っているKAGIYAビル。

「中心地が駅寄りに移って、このビルもそうだし、周辺がオールドタウン化していたんですよね。でも、その感じが、僕が通っていたロチェスターの大学の、ダウンタウンの雰囲気にそっくりで。そこには、物好きで始めたような本屋とかもあって、よく通っていました」

自分にすり込まれ、自然と選んでいるようなものは、どうしてもある。KAGIYAビルでも同じようなことができそうだ。

「古本屋が、新しいビルにあるのも似合わないじゃないですか」と若木さんは笑う。

かすれ具合も味となるビルの佇まい。

かすれ具合も味となるビルの佇まい。

旅で訪れるユニークな本屋

若木さんは、BOOKS AND PRINTSで行われるイベントに応じて浜松に来ることが多い。KAGIYAビルには、入居者が自由に使用できるギャラリースペースがある。そこでアーティストの展示やトークイベントなどを開催。1年に5、6回のペースで開催している。

「フォトグラファーやイラストレーター、作家などを招いてトークイベントをやると、お客さんも喜んでくれますね。登壇側も、浜松だと逆に時間をつくってくれるんですよ。旅がセットになるから。それがいいなと思っています。近くにある飲食店を紹介して、一緒に飲みに行ったりね」

若木さんの自宅を覗いているような感覚に。

若木さんの自宅を覗いているような感覚に。

本のセレクトは、若木さんと店長で行っている。若木さんが所有している本を中心に、新刊は出版社や作家と直接やりとりするなかで仕入れをする。

「フォトグラファーなので、仕事でいろいろな人にお会いします。そうするとその人がどんな人なのか、どんな本を書いているのか気になって買って読んでみる。例えば何年か前にアメリカの映画監督のジョナス・メカスが亡くなりました。かつて彼に取材したときに買い集めた本があったので、それを店頭に置いてみたり」

ジョナス・メカス追悼コーナーが、東京ではなく、浜松にある。そのマニアックさがおもしろい。それはやはり若木信吾という人間の強いフィルターを通した本屋だからだろう。

「本当に、みんな時代の変化にアダプトするのが早いと思います。そんななか、うちはある意味取り残されているのかもしれません。でもそんなお店があってもいいのかなと。オープン当初から売れていない本もあると思うし、知らない間に価格が高騰している本もあるかもしれない。逆に値下がりしているのに、高いままの本もあるかもしれない」

情報に疎い、と若木さんは笑う。かつての古本は店長の一存で値段がつけられたが、いまは情報が回りすぎて、値段がほぼ統一されてしまった。

「これまでヨーロッパやアメリカなどに行って、写真集をたくさん買い集めてきました。オーストラリアのビーチ沿いなんかには、旅人が本を売っていくようなボロボロの本屋があったりします。するとめちゃくちゃレアな初版本があったりして。そういうのが好きでしたが、あるときから値段はどこに行っても同じだし、お店に行かなくてもネットで買える時代ですよね」

旅と本屋。それは失敗体験も含めて思い出になる。若木さんも、必ず旅先では本屋を訪れ、現地の言葉がわからなくても、なんとなく行って手に取ってみるという。そういうところは、個性的な店主が営む本屋も多い。

「“個性を出す”のではなく、個性のある人がやっている。だから変わりようもないけど、真似のしようもない。そういうオリジナリティがあれば、どんなエリアでやってもお客さんは来てくれると思います」

本以外の「浜松らしいもの」を買うのも楽しい。

本以外の「浜松らしいもの」を買うのも楽しい。

だから浜松らしさをことさらに表現することもしない。自分のフィルターを通した浜松がある。本屋がローカルの入り口であるのならば、訪問者にとってそれは多様で豊かだ。

「“浜松といえばうなぎ”ではなく〈なるそば〉を紹介します。ほかには浜松出身の(朝倉)洋美ちゃんがやっている〈ボブファンデーション〉のハンカチを売ったり。近くでつくっている〈BASIL HOUSE〉のバジルティーを販売したり。そういうラインで浜松らしさを表現しています」

クリエイティブグループ、ボブファンデーションのオリジナルハンカチ。

クリエイティブグループ、ボブファンデーションのオリジナルハンカチ。

本屋というカルチャーが循環する

10年以上、浜松にお店を構えていれば、まちは変わり、住む人も変わるだろう。若木さんはいまの浜松、そしてこれからの浜松をどう捉えているのか?

「まちにも入れ替わりの時期があると思います。建物が老朽化で耐えきれないところまでくると、解体して、新しい大きなビルが建てられる。この10年くらい、このあたりはその狭間なんですよね。KAGIYAビルだって、30年後にあるかどうかといえば難しい」

いまは、古い建物を再利用する社会の流れがあるが、その建物自体あと何十年ももつわけではない。すると、その頃にいい味になっている建物が人気になるのだろうか。人はそっちに移るのだろうか。

「その入れ替わりが完了してしまうと、全然違うまちになってしまう。僕たちみたいな人は、ぞろぞろと別の場所に引っ越してしまうと思います。つまり今はまだ浜松がいい時代。でもいずれは必ず変わる。そういういろいろなことが、お店という場所を持つと見えてきておもしろいですね」

例えば10年後。若木さんは浜松に戻るのだろうか?

「おそらく戻らないですね」

現在の雑誌や広告のフォトグラファーという仕事をしている限り、完全に浜松拠点にするのは難しい。つまり、結局のところBOOKS ANDPRINTSも本業が支えているからだ。そこに「表と裏」がある。

「実は経済的にはラクではないけど、本業で支えているというリアルがある。みんなも夢を見て、そんなことを見て見ぬふりしながらやるのか。それともそういうリアリティを知りながらやるのか。それによって、今後のローカルをめぐるあり方もだいぶ変わってくると思います」

かつて若木さんが発行していた『Youngtree Press』を、『Youngtree Diary2020』として2021年に13年ぶりに復刊させた。

かつて若木さんが発行していた『Youngtree Press』を、『Youngtree Diary2020』として2021年に13年ぶりに復刊させた。

それでも若木さんは続けてきた。これははっきりとした事実だ。10年経つと、開店当時大学生だったお客さんが、子どもがいてもおかしくない年齢になっているという。

「この間も、静岡文化芸術大学の卒業生が、自分の写真集を“置いてください”と送ってきました。彼女はオープン当初に通ってくれたお客さんで、当時から“ずっとこういう本屋に本を置けるようになりたいと思っていた”と手紙をつけてくれました。いまでは東京で写真家としてがんばって、写真集を発売するようになっているんです。そういうのをみると、なんだか、おおー!って思うよね」

もちろん若木さんが育てたわけではない。しかしカルチャーが好きで写真家を目指す若者にとって、地元にBOOKS AND PRINTSがある未来とない未来。どちらが良かったか、想像に難くない。

「僕自身、先ほど言ったように、高校生の頃に写真のポストカードを見て影響を受けた。その額装屋さんが今もあることが、結構、支えになっています。そういう循環が、少しでもBOOKS AND PRINTSで起こってくれればうれしい」

若木さん同様、その若い写真家にとってBOOKS AND PRINTSが支えになっているかもしれない。こうした次世代への循環は、特にローカルには地層のように積み重なっているのではないか。BOOKS AND PRINTSもその層のひとつになっているはずだ。

Creator Profile

SHINGO WAKAGI 若木信吾

わかぎ・しんご●1971年浜松市生まれ。ロチェスター工科大学写真学科卒業。広告、雑誌などでカメラマンとして活躍するかたわら、写真展、映画制作、書店経営など精力的に活動の場を広げている。2月3日から積水ハウス浜松住宅展示場にて写真展「ロチェスター」開催。

Web:Youngtree Press

Instagram:@shingowakagi

voicy:若木信吾のヤングトゥリーラジオ

information

BOOKS AND PRINTS 

住所:静岡県浜松市中区田町229-13 KAGIYAビル201

TEL:053-488-4160

営業時間:13:00〜18:00

定休日:火・水・木曜

Web:BOOKS AND PRINTS

writer profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

photographer

Kazuharu Igarashi

五十嵐一晴

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.