サイト内
ウェブ

九州の無農薬・減農薬の野菜と果物がたっぷりとれるスムージーの定期便

  • 2021年9月16日
  • コロカル

オーガニック食品や無農薬野菜の需要が高まるなか、福岡市のフードテックスタートアップの〈株式会社すりあし〉が、無農薬・減農薬の野菜と果物を使用した冷凍スムージーベースの販売を開始しました。

無農薬・減農薬の野菜と果物を使用した冷凍スムージーベース〈CHISO-馳走-〉。

その名も〈CHISO-馳走-〉。

スムージーに使われる野菜や果物は、九州の農家さんが丹精込めて育てた無農薬や減農薬のものばかり。瞬間冷凍で栄養はそのまま、ギュッと閉じ込められています。

2021年に立ち上がった〈CHISO-馳走-〉は、長く続くコロナ禍のなかで「大切な人が離れていても健康でいてほしい」という願いからスタートしたプロジェクト。

健康をテーマに、社会的にも貢献でき多くの人に受け入れられるものを……そうして行き着いたのが「冷凍クラフトスムージー」だったのです。

新しいチャレンジを決意した共同創業者の木下さんと大島さんはもともと大学の同級生。九州各地の農家さんを訪れる中で知った「食」と「農」を取り巻くリアルな現状を、スムージーを通して多くの人に伝えていきたいといいます。

ケール、りんご、レモンなどそれぞれの農家さんを訪ねてダイレクトトレードを行う。現地の畑で素材の味わいをみたり、生産者の声を直に聞く貴重な機会に。

ケール、りんご、レモンなどそれぞれの農家さんを訪ねてダイレクトトレードを行う。現地の畑で素材の味わいをみたり、生産者の声を直に聞く貴重な機会に。

「衝撃を受けたのは、時間と手間をかけ有機栽培で作っているにも関わらず、安くないと売れないので、農薬や化成肥料を使い大量生産された野菜と同じような値段で販売しているケースが多かったこと」だと、木下さんは話します。

「農家さんと消費者の橋渡し役を引き受けたい」。食と農の現状に触れ、そんな思いが募ったのだそう。

加工作業風景。

加工作業風景。

〈CHISO-馳走-〉のラインナップは2種類。

定番の〈THE ONE〉はグリーン系で、ケール、りんご、干柿、いちご、レモン、イタリアンパセリの6種類が入っています。無添加、無着色、無加糖、はちみつ不使用なので、幼児のおやつとしても安心。干し柿で甘みとコクを出しているところがポイントなのだそう。

そしてシーズナルの〈NINJIN〉は、厳選した5種類の野菜と果物をたっぷりと使ったキャロットスムージー。採れたて葉つき人参とプラム、超希少国産バナナ、こだわり完熟ミニトマトをすべて皮ごと贅沢に使用しています。

ほどよい酸味と自然な甘さのバランスがよく、さっぱりとした味わいに。

スムージー2個セット(THE ONE&NINJIN各1個)2640円(税込)。定期便:4個セット4180円(税込)/8個セット7920円(税込)

スムージー2個セット(THE ONE&NINJIN各1個)2640円(税込)。定期便:4個セット4180円(税込)/8個セット7920円(税込)

無農薬を中心にした生の野菜と果物をまとめて揃えるだけでもひと苦労。でもスムージーであれば食材がそのまま凝縮されるので、コップ一杯で気軽に栄養が採ることができますね。

お得な定期便も用意されているとのことで、詳しくはこちらのECサイトをチェック!

飲みたいときにすぐ冷凍庫から出して、あとは水や氷と一緒にミキサーにかけるだけなので、それほど手間もかかりません。好みの果汁などをプラスしてアレンジしても◎。

農家さんの笑顔が浮かぶ、CHISO-馳走-のスムージーをお試しあれ!

information

CHISO-馳走-

Web:CHISO-馳走-

*価格はすべて税込です。

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.