サイト内
ウェブ

隠岐・西ノ島で唯一のコーヒーショップ〈Sailing Coffee〉には、いい風が吹く

  • 2021年8月31日
  • コロカル

鮮やかな海と草木のコントラスト。草原にたたずむ穏やかな馬たち。島根半島から約60キロに位置する、美しき隠岐諸島。

ユネスコ世界ジオパークにも認定された自然豊かな諸島に属する西ノ島町は、隠岐を代表する名勝・国賀海岸や後鳥羽上皇が島流しにあった際に灯台代わりになった焼火神社があったり、江戸時代には北前船の寄港地(風待ち港)だったりと、歴史的な海洋文化の香る地でもあります。

隠岐諸島に属する西ノ島町に、ただひとつあるコーヒーショップ〈Sailing Coffee〉の店内。

書籍は、デザインやアート、ビジネス、トラベルの書籍を中心に選書。

書籍は、デザインやアート、ビジネス、トラベルの書籍を中心に選書。

そんな西ノ島町に、ただひとつあるコーヒーショップ〈Sailing Coffee〉。

古くからにぎわいをみせる浦郷地区の一角にあるこちらは、松江が誇るコーヒーショップ〈CAFFE VITA〉が手がけるブレンドコーヒーが飲めたり、140年余りの歴史を持つ松江の〈袖師窯〉でつくられたオリジナルのコーヒーカップが使われていたりと、島根の魅力が詰まったモダンなお店です。

オーナーの森山勝心さんは、もともと父親の故郷ということもあり、学生時代から隠岐で広告制作やイベント制作など、さまざまなプロジェクトに取り組んできました。

それから大学卒業後に東京の企画プロデュース会社を経て、導かれるように隠岐へと拠点を移したといいます。

「さまざまな側面を持たせておくためにも、拠点となる場所にはコーヒーショップを併設したくて。

前職のボス、ライフスタイルプロデューサー・浜野安宏の言葉で『おもしろいまちにはカフェと映画館がある』というものがあります。

この店も、生活の延長にあるにぎわいにつながる存在になれたら。純粋に、自分が隠岐にあったらいいなと思うお店をつくりました」(森山さん)

〈Sailing Coffee〉という店名は、オランダからヨットに乗って西ノ島にやってきたご夫妻が別れ際に発した「出発は明後日くらいかな。明後日の午後から風がよくなりそうだから」という何気ない言葉の魅力に後押しされ、命名。

〈Sailing Coffee〉という店名は、オランダからヨットに乗って西ノ島にやってきたご夫妻が別れ際に発した「出発は明後日くらいかな。明後日の午後から風がよくなりそうだから」という何気ない言葉の魅力に後押しされ、命名。

島根の郷土を詰め込んだ店内

内と外をつなぐ開放的なファサードが特徴の〈Sailing Coffee〉。人々の交流が生まれやすいようにリノベーションされてる。

奥の〈Sailing Coffee〉カラーのサーフボードは、西ノ島出身のシェーパー、谷田雄一郎さんに作ってもらったもの。

奥の〈Sailing Coffee〉カラーのサーフボードは、西ノ島出身のシェーパー、谷田雄一郎さんにつくってもらったもの。

お店は内と外をつなぐ開放的なファサードが特徴で、ストリートに開け、人々の交流が生まれやすいようにリノベーションされています。

「お店は自身のプレゼンテーションの場だと思うので、理想のかたちを追求しました」と森山さん。

〈Sailing Coffee〉の店内には、イラストレーターのオカタオカさんやzuckさんなどの作品が飾られている。

〈Sailing Coffee〉の店内には、イラストレーターのオカタオカさんやzuckさんなどの作品が飾られている。

店内には、イラストレーターのオカタオカさんやzuckさんなどの作品が飾られ、椅子はイームズ、スピーカーは〈sonihouse〉と、どこか都会の風が吹くよう。

「北前船の寄港地でいろいろな文化が入ってきていたように、いろいろなアート作品も飾っています」(森山さん)

〈Sailing Coffee〉のドリンクメニューはペーパードリップコーヒー、エスプレッソ、カフェラッテなど。

ドリンクメニューはペーパードリップコーヒー(400円)、エスプレッソ(350円)、カフェラッテ(500円)など。

このコーヒーのブレンドを手がけている〈CAFFE VITA〉の門脇裕二さんはバリスタ日本一に輝いただけでなく、学生時代はセーリングで国体出場という経歴の持ち主。

それがお店のコンセプトにも合致し、船長という意味の“スキッパー”ブレンド、仲間(クルー)と一緒に楽しく飲んでほしいという想いが込められた“クルー”ブレンドの2種類のオリジナルブレンドが開発されました。

〈Sailing Coffee〉のデザートメニューはパウンドケーキやマフィン、焼きプリン、チーズケーキなど、日替わりで2種ほど。

デザートメニューもあり、パウンドケーキやマフィン、焼きプリン、チーズケーキなど、日替わりで2種ほど登場。

松江の袖師窯で作られたオリジナルのコーヒーカップは、隠岐の海をイメージした鮮やかなブルー。

カップの底には〈Sailing Coffee〉のサブグラフィック(帆と波)が刻印されている。

袖師窯とのマグカップ(3600円)は、隠岐の海をイメージした鮮やかなブルー。カップの底には〈Sailing Coffee〉のサブグラフィック(帆と波)を刻印。飲み終わったあとにコーヒーが刻印に残り、サブグラフィックが現れます。

コーヒー豆やドリップバッグ、コーヒーカップ、〈Sailing Coffee〉の運営を行う〈Oki Islands Inc.〉のオリジナルアイテムも販売。

コーヒー豆やドリップバッグ、コーヒーカップ、〈Sailing Coffee〉の運営を行う〈Oki Islands Inc.〉のオリジナルアイテムも販売。

地元の人の憩いの場

西ノ島の文化の交差点〈Sailing Coffee〉。地元の人の憩いの場として、今日も西ノ島の穏やかな空気とともに運営されている。

人の流れはオープン当初から変わってないのだそう。

観光で島に来た人はもちろん、地元の人は銀行や郵便局などのついでに足を運ぶことも多いそうで、お客さんが店外の友人を呼んで団欒が始まったりと、森山さんが望んだスタイルができつつあるといいます。

「お店を通じての新しい出会いは毎回新鮮です。地元の方から観光客の方まで、さまざまな人が来てくださるので。まさに北前船の寄港地として多様な文化入ってきたように」

西ノ島の文化の交差点〈Sailing Coffee〉。人と人、そして文化をゆるやかにつなぐまちのハブは今日も西ノ島の穏やかな空気とともに運営されています。

「人生も“Sailing”のように、追い風のときがあれば、向かい風のときもあります。無理して乗り越えられるときもあれば、失敗するときもある。時にそれは、人生を大きく左右する出来事かもしれません。危険だと感じたときは、180度戻ることも選択肢のひとつです。

しっかり準備をして、よい風が吹いたときにまた、自慢の帆をあげて漕ぎ出せるように。〈Sailing Coffee〉が、人々に愛される風待ち場になってくれたら嬉しいです」(森山さん)

information

Sailing Coffee 

住所:島根県隠岐郡西ノ島町浦郷492

TEL:08514-2-2488

Web:Sailing Coffee 公式サイト

Instagram:@Sailing Coffee

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.