サイト内
ウェブ

47都道府県の魅力がいっぱい!エッセイ集『ビームス ジャパン 銘品のススメ』発売!

  • 2021年7月30日
  • コロカル
〈ビームス ジャパン〉が描く新しい日本地図

セレクトショップの雄、〈ビームス〉らしい審美眼で、衣食住問わず日本の魅力をキュレーション、国内外に発信する拠点として2016年に誕生した〈ビームス ジャパン〉。

伝統工芸からご当地ならではのウィットに富んだアイテムまで、「さすがビームス!」と唸るラインナップで人気を集めています。

そんなビームス ジャパンから今夏、ビームス ジャパンの名物バイヤーである鈴木修司氏が、足かけ5年にわたる旅で出合った47都道府県の魅力を、厳選して紹介したエッセイ集『ビームス ジャパン 銘品のススメ』が発売されました。

ビームス ジャパンの名物バイヤー鈴木修司氏が47都道府県の魅力を紹介したエッセイ集「ビームス ジャパン 銘品のススメ」。

掲載されているのは、ボッコ靴(青森県黒岩市)、べこ太郎べこ(福島県耶麻郡)、益子焼柿釉皿(栃木県益子町)、ゴールドキューピー(東京都葛飾区)、瀬戸焼まねき猫(愛知県瀬戸市)、信楽焼たぬき(滋賀県信楽町)、宮島杓子(広島県広島市)、蛸壺(山口県防府市)、花手箱(熊本県人吉市)、木刀(宮崎県都城市)うめーし(沖縄県那覇市)などなど……。

「ビームス ジャパン 銘品のススメ」では、益子焼柿釉皿(栃木県益子町)、ゴールドキューピー(東京都葛飾区)など各地の銘品が紹介されている。

あの有名な工芸品やその土地の知る人が知るアイテムまで、物を通して、日本の今昔を見るディレクターならではの観点と、”モノ好き”ならではのアイテムに対する着眼点で紹介された銘品はどれもユニークで魅力あふれるものばかり。

銘品の紹介はもちろん、生産背景やその地域の歴史、地域性にもフォーカスした内容で、誰しもが勉強にもなることでしょう。

これぞまさしく、ビームス ジャパンの新しい日本地図。旅行の参考に、誰かへのプレゼントに、ぜひお手に取ってみてはいかがでしょう。

information

ビームス ジャパン 銘品のススメ

著者:鈴木修司(株式会社ビームス)

判型:四六判変型

ページ数:216ページ

定価:2200円

発行:株式会社ビームス、発売:株式会社トゥーヴァージンズ

Web:ビームスECサイト

*価格はすべて税込です。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.