サイト内
ウェブ

〈イバラキング〉の「メロンパフェ」は今が旬! 口いっぱいにメロンを頬張って!

  • 2021年6月23日
  • コロカル
今から秋までずーっと旬なのが茨城のメロンのいいところ

さまざまな農作物が育つ茨城で、今まさに旬を迎えた「メロン」。なかでも茨城県オリジナル品種の青肉メロン〈イバラキング〉は、茨城県が自信を持っておすすめしている品種です。そのイバラキングをふんだんに使った「メロンパフェ」が、とても求めやすい価格で銀座にある茨城県アンテナショップ〈IBARAKI sense〉の併設カフェ〈BARA cafe〉でいただけます。

茨城県オリジナル品種の青肉メロン〈イバラキング〉。

茨城県オリジナル品種の青肉メロン〈イバラキング〉。

このイバラキングは、すっきりとした甘さと滑らかな果肉の食感が特徴。サクサクとした歯切れのよさ、後味の爽やかさもあり、料理家や食通からも一目置かれる存在です。

併設レストラン〈BARA dining〉のシェフ・三澤晋さんいわく、直接茨城県内のメロンの契約農家さんとやりとりをし、その日その日のベストな状態のメロンを仕入れているとのこと。6月中はイバラキングのパフェを提供予定とのことですが、また7月には違う品種のメロンパフェが登場、メロンの季節は秋まで続くとのことなので、食べ比べしてみるのも楽しいですね。

第2の主役、茨城県産ミルクの風味豊かな特製のソフトクリームと一緒にイバラキングを口へ運ぶと、まるでソフトクリームがソースのよう。単体で食べてもおいしいイバラキングがミルク感をまとい、メロン特有の青い香りが甘くやわらかくなるのです。これぞ王道! な組み合わせを実感できるでしょう。

「いばらきメロンのパフェ」。時期によってメロンの仕入れは変わります。

「いばらきメロンのパフェ」。時期によってメロンの仕入れは変わります。

これが、とろんとした甘さのメロンに濃厚なアイスを合わせたパフェだと、ボリューミーに感じてしまいがちですが、どちらも爽やかで、後味が尾を引かないもの同士、食味も甘味も喧嘩せず、シンプルな構成ながらも、よく計算されていることを感じさせます。

シンプルな構成と言いつつも、添えてあるアーモンドキャラメルヌガーもいい引き立て役だったり。薄く伸ばされたヌガーにはレーズンが加えられ、メロンやソフトクリームとは別の食感、酸味、甘みがあります。ソフトクリームとの相性もよく考えられているので、スクープして食べたり、細かく割ってアイスに混ぜ込むのもおすすめです。

しかも、この「いばらきメロンのパフェ」は1660円(税込)。スイーツ店などで食べようとすると、2倍ほどの価格はするであろうボリュームと内容なだけに、この価格でいただけるのはアンテナショップならでは。もちろん、IBARAKI senseでは旬のいばらきメロンの店頭販売も行っているので、気に入った方は、お土産に買っていくのもいいかもしれません。

有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分の〈IBARAKI sense〉。

有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分の〈IBARAKI sense〉。

information

IBARAKI sense 

住所:東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1階

TEL:03-5524-0818

営業時間:ショップ・カフェ 11:00〜19:00

ダイニング 平日 11:00〜15:00(14:00L.O.)

土・日曜・祝日 11:00〜17:00(16:00L.O.)

※最新の営業時間はホームページをご確認ください。

Web:IBARAKI senseホームページ 

writer profile

Yu Ebihara

海老原 悠

えびはら・ゆう●コロカルエディター/ライター。生まれも育ちも埼玉県。地域でユニークな活動をしている人や、暮らしを楽しんでいる人に会いに行ってきます。人との出会いと美味しいものにいざなわれ、西へ東へ全国行脚。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.