サイト内
ウェブ

横浪修ら6名のフォトグラファーが北海道・東川町でグループ展を開催

  • 2021年5月10日
  • コロカル

(c) Yoshinori Mizutani

北海道・東川町は、1985年に世界でも類を見ない“写真の町宣言”を行い、今日まで36年にわたり、さまざまな写真文化の醸成・発信をしてきた場所。

そんな写真の町を舞台に、ファッション・アート業界の第一線で活躍しているフォトグラファー6名によるグループ展「6STORIES −東川町を写した写真家たち−」が5月29日(土)から〈東川町文化ギャラリー〉にてスタートします。

東川町では毎年「東川町国際写真フェスティバル」や「写真甲子園」などのイベント開催をはじめとする、長年の写真文化の活動によって、地域住民も“撮る”“撮られる”ことから生まれる交流や結びつきが根づいています。

今回のグループ展は、フォトグラファーたちが自ら被写体を決め、東川を舞台に思い思いのフィールドで作品を撮り下ろすというもの。

異なる季節や被写体。写真家が紡ぐ、6つのストーリー

写真展の参加フォトグラファーは、横浪修さん、石田真澄さん、Takako Noelさん、藤田一浩さん、水谷吉法さん、川島小鳥さん。

昨年の夏から始まったプロジェクト。夏、秋、冬。フォトグラファーの滞在時期はそれぞれで異なります。

被写体も、東川町の農家さんや中高生、女優・夏帆さん、モデル・Keigo Okazakiさんと、個性が光る作品に。

家族と作物と風景と。色とりどりな町内農家のポートレイト。

(c) Osamu Yokonami

(c) Osamu Yokonami

 

女優・夏帆が自然豊かな東川町で過ごした、晩夏の小旅行。

(c)  Masumi Ishida

(c) Masumi Ishida

 

美しい花々と紅葉のなかで舞う少女たちの特別な休日。

(c) Takako Noel

(c) Takako Noel

 

高校3年生たちを被写体に迎えた、“もうひとつの卒業アルバム”。

(c) Kazuhiro Fujita

(c) Kazuhiro Fujita

 

静謐な空気に包まれる雪山で捉えた光あふれる瞬間。

(c) Yoshinori Mizutani

(c) Yoshinori Mizutani

 

モデル・Keigo Okazakiが銀世界に溶け込んだ、東川町フォトストーリー

(c) Kotori Kawashima

(c) Kotori Kawashima

開幕日の5月29日(土)には、トークイベントを開催予定。詳細は、東川町文化ギャラリー公式HPなどで発表するとのことです。

東川町の美しい季節の変化を感じながら、フォトグラファーの目線で切り取られる豊かな表情をぜひ楽しんでください。

information

「6STORIES -東川町を写した写真家たち-」

会期:2021年5月29日(土)〜6月22日(火)

場所:東川町文化ギャラリー

住所:北海道上川郡東川町東町1-19-8

開館時間:10:00〜17:00(会期中無休)

TEL:0166-82-4700

入館料:500円

Web:東川町文化ギャラリー

※イベント情報は変更となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

*価格はすべて税込です。

writer profile

Riho Abe

阿部里歩

あべ・りほ●栃木県出身。「出身は群馬だっけ?それとも茨城?」と覚えてもらえないことが悩み。好きな観光地は四国と別府。旅先での楽しみは、その街の人と話しをすること・伝統工芸品を買うこと。ガイドブックに載っていないようなものを見つけるのも密かな楽しみ。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.