サイト内
ウェブ

伊豆への移住に乗り気でなかった妻が、下田での暮らしを楽しんでいる理由

  • 2020年3月5日
  • コロカル

実際に暮らすことで、見えてきたこと

伊豆下田に移住して3年の津留崎さん一家。先月、フォトグラファーの妻・徹花さんに、伊豆の魅力について語る講演会の依頼が。でも実は、当初あまり下田への移住に乗り気でなかったという徹花さん。いまではすっかり暮らしを楽しんでいるようですが、その変化とは。

「移住者から見た伊豆の魅力」について、妻が講演

この4月で、わが家が伊豆下田に移住して丸3年となります。移住先探しの旅から始まったこの連載ですが、実は下田への移住のことで触れていなかった話がありました。いまではすっかりここでの暮らしを楽しんでるわが妻ですが、当初は「伊豆に暮らす」ことに決して乗り気でなかったということです。なぜか?

下田の空

伊豆は観光地であって移住先としての魅力を感じられない、そう思っていたからです。そんな妻が「移住者から見た伊豆の魅力」について話をすることになりました。地域の企業経営者の団体、〈伊豆下田法人会〉のイベント「伊豆下田元気塾」での講演の依頼があったのです。

「伊豆下田元気塾」は、伊豆で精力的に活動されている方が講師を務める今回で17回目となるイベントで、5名の講師がそれぞれのテーマで30分ずつ講演します。妻に与えられたテーマは「移住者に伊豆を教わる」とのこと。

移住者に伊豆を教わる……?

基本的には誰でも参加できる開かれたイベントなのですが、メインは法人会の会員でもある地元の企業経営者です。ほかの参加者も地元の方がほとんどのはず。どう考えても参加者のほうが伊豆に詳しいはずですし、伊豆に対しての思い入れも強い。

移住してたった3年、しかも「伊豆に暮らす」ことに乗り気でなかったのに……いったい何を話せるのか? 光栄なことと引き受けたはいいものの……ずいぶんと悩んでいたようでした。

イベントフライヤー

地域で活躍されている方々に混じって妻の名が。イベントの広告は地元新聞に掲載され、地元ケーブルTVでも放送とのこと。日が近づくにつれ、家の中の緊張感が高まります……。

先日、2月7日、130人もの方が参加し、イベントは無事に開催されました。悩んだ末に、当初は伊豆に暮らすことに前向きではなかったのに、いまはここでの暮らしを楽しんでいる、この変化についての話をしました。

なぜ楽しめるようになったのか? そこにこそ、地域の人が見逃しているこの地域の魅力があるかもしれない、と感じたからです。今回は、講演会で妻が語ったことをもとに、あらためて暮らしてみなければわからなった「地域の魅力」について書いてみます。

壇上から撮影した講演会場の様子

講演の最後、カメラマンらしく壇上から一枚! こんな大勢の前で話をするのは妻としても初めての経験でした。

なぜ、移住しようと思ったのか

講演では、まず自己紹介、そして、なぜ移住を考えるようになったのか? から話し始めました。

講演の様子

ここでもあらためて少し紹介します。妻は大学で写真を学び、卒業後、この『コロカル』の配信元でもある出版社〈マガジンハウス〉にカメラマンとして入社しました。入社後はや『Hanako』や『anan』といった雑誌のタレントや料理写真などの撮影で経験を積み、徐々に大きい仕事も任されるようになったそうです。

いわば、「東京でしかできない仕事をしていた」とも言えます。そんな妻が「東京ではできない暮らしをしたい」と思うようになったきっかけは、大きくふたつありました。

2011年3月11日、東日本大震災。その3か月後の娘の出産、です。

東日本大震災のあと、東京のスーパーの食品棚は空っぽになりました。

商品がなくなったスーパーの食品棚

その棚を前に呆然として、食品を「買う」ことしかできない自分たちの弱さを痛感。さらには、自宅周辺でも地域によっては断水や計画停電もあり、放射能汚染の情報も錯綜していました。

こうしたことが重なり、「お金」だけで暮らしの基盤をつくりあげるというそれまでの価値観、「消費する暮らし」に疑問を抱き始めたのです。

「おなかの中の子どもを守っていくためにも、何かを変えなければいけない」と。でも、何をどう変えればよいのか? まったく見えていませんでした。

そんな経験を経て、3か月後に娘を出産、育休後に職場に復帰すると、マガジンハウスに新しい媒体が誕生していたのです。それがこのコロカルです。

実は、コロカルを立ち上げた初代編集長は、入社以来お世話になっていた大先輩でした。そんなつながりもあったことから次第にコロカルの撮影を任されるようになっていきました。

コロカルの撮影で地方を飛び回っていると、空っぽのスーパーの棚を前に呆然とした自分とはまったく違う、「生きる知恵」のある人たちとの出会いがありました。

祖谷で出会った都築麗子さん

「美味しいアルバム vol.022 山の恵みと暮らす。祖谷で出会った民謡と郷土料理」より。「田舎は食べるものにお金がかからないからいいよ〜」

沖縄・大宜味村で出会った金城笑子さん

「美味しいアルバム vol.021 100年続く暮らし方。おばあの食卓を伝える沖縄・大宜味村〈笑味の店〉」より。「無理して高収入得なくても半分くらいにしてさ、地方で何もかも自分で工夫して育ててさ。そういう生活したほうがいいよ。やってみたらわかると思うから、土を身近に感じる暮らしの良さがね」

こうした人たちに刺激を受け、自分たちももっと生きる知恵を身につけたいと、「東京ではできない暮らし」に目を向けるようになっていきました。こうして見ると、コロカルがこのタイミングで始まり、そこに関わるようになっていったことは、妻にとり、わが家にとり、かなりのキモだったのだと感じます。

その後、社員としてフルタイムで働くことと子育ての両立の難しさを感じ独立。しばらくは東京でフリーランスのカメラマンとして仕事をしていましたが、地方へ向いた意識がだんだんと大きくなり、結果、移住を決意しました。

といっても、東京生まれ東京育ちの僕ら夫婦には移住先のあてがなく、移住先を探す旅に出たのです。この連載は、ここから始まっています。

目指すはこんな暮らしでした。すべてを自給自足とまではいかなくても米や野菜など自分たちのつくったものが食卓にのる。効率ですべてを考えない、手間をかけた暮らし。そんな暮らしを実践している人がいる土地がよいだろうとも思っていました。

これは、何も知らない、できない自分たちが教えを請いたいということでもありましたが、妻としては、そうした生きる知恵のある人たちを写真におさめたい、という気持ちもあったようです。妻のカメラマンとしての衝動のようなものかもしれません。

ひじきを干す風景

「美味しいアルバム vol.018 熊本・天草 前編 ひじき漁」。 熊本県天草諸島の港いっぱいにひじきを干す風景。家族で旅行をしていてもこうした「食」の生産現場に出会うと目の色が変わったように撮影に没頭していました。

移住してからの妻の変化

ここで、僕としては移住先として伊豆はどうだろうか? と、提案したこともありました。でも、妻は「移住先としては伊豆はない」と難色を示していました。

伊豆といえば観光地。コロカルの撮影で出会い、刺激を受けたような、「生きる知恵」のある人たちは観光地にはいない、目指すような暮らしは観光地ではできない、そんなイメージだったようです。

というのも、妻は幼少の頃から毎年のように家族で伊豆を訪れていたこともあり、あまりに観光地のイメージが強かった。しかも、何度も行ったことで行き尽くしたというイメージを持っていて、いまさら、伊豆に暮らしたいとは思えなかったのです。

でも、紆余曲折の移住先探しの旅の結果、伊豆の下田に移住することになりました。僕としては念願の移住先が決まり、これからの暮らしに夢を描いていたとき、実は妻はまだ下田という観光地で暮らすことに少なからず疑問を感じ続けていました。

下田の海

果たして、ここで自分たちが望んでいたような暮らしができるのだろうか? そんな暮らしをしているような人がいるのだろうか? と。

お気づきかもしれませんが、妻は結構……いや、かなり、思い込みが強いタイプです(まあ、人間は思い込みの生き物とも言われます。ので、人間らしいと言えば人間らしいのですが……)。

そんな妻の下田に対しての思いが変わり始めたのは、偶然にもこんなシーンに遭遇した頃からだったかもしれません。

天草納屋で出荷作業をする海女さんたち

わが家が下田に移住して間もない頃、東京から遊びに来ていた友人家族と、自宅近くの観光名所「須崎恵比寿島」に出かけたときのことでした。その駐車場の片隅にある小屋の中で何やら作業する方たちを見かけ、妻の「カメラマンとしての衝動」がむくむくと湧いているのが横にいてもわかるほど。

こうなると止められません。ちょっと撮影させてもらってくる! と突撃。全然ちょっとで帰ってこないという、わが家の旅先でよくあるパターンが、ここ下田でも繰り広げられたのでした。

出荷作業

観光名所の傍らに、ひっそりと佇む作業小屋。地域の人にとっては特に気にもとめない当たり前の「営み」なのかもしれません。でも、妻にとってはその「営み」が観光名所よりも魅力的に映ったようでした。

こんなこともありました。

はんばのりの出荷作業をする宮原清美さん

こちらは、いまでは仲良くさせていただいているパン屋〈そとにわ〉を営む方のお母さまで、御年83歳の現役の海女さん、宮原清美さんです。

移住して間もない頃、パンを買いに行くと、工房の横で下田名産「はんばのり」の出荷作業をしているお母さまがいらして……。また、妻の「カメラマンとしての衝動」がむくむくと湧き始めました。

はんばのりを干す

宮原さんは畑で多くの作物もつくっていてそちらも絶品。スーパーの食品棚が空っぽでも困らない生き方です。

このような出会いを重ねて、妻が観光地・下田に対して思い描いていたイメージが変わっていきました。コロカルの取材で出会ってきたような「生きる知恵」のある人たちがここにも多くいたのだ。ここでもそんな暮らしができるのだ、と。

暮らしてみなければ出会えなかった光景

下田といえば……白い砂浜のビーチ、黒船・開国の歴史、温泉、金目鯛。サーフィンやカヤック、釣りといったマリンスポーツのメッカ。そうした派手な観光資源のイメージが強すぎたのかもしれません。

漁師さんを撮影する妻

サザエ、アワビの漁をする漁師さんを撮影する妻。実はこちらの漁師さんは娘の小学校の同級生のお父さん。

お昼ごはん中の漁師さんたち

この須崎爪木崎周辺には「俵磯」と呼ばれる柱状の岩が織りなす景色が広がっています。昨年、大物女優がこの場所を舞台にCMを撮影したこともあり、特に人気のスポットとなっています。

もちろん、観光地・下田を成り立たせるためには派手な観光資源も必要でしょう。でも、妻はそんな観光資源のすぐ傍らで行われている地域の方々の日常の営みに出会うたびに、下田での暮らしを楽しめるようになっていったのです。

天草を干す光景

天草(てんぐさ)を須崎恵比寿島の港の駐車場に干す光景。毎年通っていても、行き尽くしたと思っても、暮らさなければ出会えない景色がある、そんなことをあらためて感じました。

そして、妻がこうして撮りためた写真が昨年、陽の目を見る機会に恵まれました。

雑誌クロワッサン誌面

雑誌『クロワッサン』2019年5月25日号にて下田の海藻が特集されたのです。妻が撮りためた写真は、クロワッサンの編集部やデザイナーの目にも魅力的に映ったようで、6ページにもわたって掲載されることになりました。

妻としては、東京の編集者やデザイナーといった人にも、自分が魅力を感じていた下田の観光資源ではない側面、地域の人にとって日常の「営み」の光景が、魅力的に感じられるのだと、とてもうれしかったと言います。

朝焼けの中で準備中の漁師さん

朝焼けの中、漁に出る準備をする漁師さん。下田東急ホテルの冊子『マ シェール メール』掲載のこの写真を見て、東京からこの地に足を運んでくれた人がいたそうです。

講演の最後、こんな言葉で締めくくりました。

「まちを元気にしよう、観光を盛り上げよう、なんてたった3年しか住んでいない移住者の私が簡単に言えることじゃない、そう思っています。ただ、ワクワクしながらシャッターを切りたくなってしまうような魅力的な人たちや、昔ながらの営みがこの伊豆にあるんだ、ということを、この3年で実感しました。

そうしたこのまちの財産が、誰かの目にとまり実際に伊豆に足を運んでくれて、それで地域の人が元気になったら、そんな連鎖が起こったらと想像すると、なんだか楽しいですよね」

妻や僕、そしてほかにも多くいる東日本震災で価値観の変化を余儀なくされた「都会での消費する暮らし」を続けていた人にとっては、こうした日常の「営み」にこそ価値が感じられる。妻はそのことを地域の人たちに伝えることができたら、と考えていたのだと思います。

雑誌をもった海女さんたち

写真が掲載されたクロワッサンを持って海女さんたちの作業小屋にうかがい、報告とお礼を。笑顔がすてきすぎます〜!

ありがたいことに講演当日は、多くの友人や仕事でお世話になっている方が足を運んでくれました。緊張しまくっていた妻としては心強かったことでしょう。

「あ〜、下田って本当にいいところだね、ありがたいね〜」としみじみと呟く妻。この講演をしていっそう「下田愛」が深まったように見えます。

そんな妻が、この先どんな「営み」に魅力を感じてシャッターを切っていくのか? 身内の僕としても楽しみでなりません。

はんば海苔漁の様子

つい先日、この季節の旬の「はんば海苔」漁の撮影に行くという妻に僕も同行し、見学させてもらいました。観光地下田のひとつの名所ともいえる爪木崎灯台のふもとの海が、地域の人たちによって脈々と引き継がれてきた大切な「営み」の舞台なのです。その光景のあまりの美しさにしばし見とれてしまいました。

文 津留崎鎮生

text & photograph

Shizuo Tsurusaki

津留崎鎮生

つるさき・しずお●1974年東京生まれ東京育ち。大学で建築を学ぶ。その後、建築家の弟子、自営業でのカフェバー経営、リノベーション業界で数社と職を転々としながらも、地方に住む人々の暮らしに触れるにつれ「移住しなければ!」と思うように。移住先探しの旅を経て2017年4月に伊豆下田に移住。この地で見つけたいくつかの仕事をしつつ、家や庭をいじりながら暮らしてます。Facebook Instagram

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.