サイト内
ウェブ

熊野の秘境で育まれたジビエがコロッケやハンバーグになって発売!

  • 2019年2月4日
  • コロカル

2019年2月1日、和歌山県東牟婁郡古座川町の〈古座川ジビエ〉プロジェクトが熊野の秘境に育まれたジビエ(狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉)を手軽に食べられる「こころうたれる」シリーズを発売しました。

新たに発売された「こころうたれる」シリーズ

新たに発売された「こころうたれる」シリーズのラインナップ

平成の名水百選」に選ばれた水をたたえる古座川

古座川町には「平成の名水百選」に選ばれた水をたたえる古座川が流れ、天然の鮎や鰻が生息しています。

〈古座川ジビエ〉は、2015年にスタートしたプロジェクト。古座川町では年間1,000頭以上の鹿・猪が有害捕獲されており、その大半が山に捨てられてしまっていたのだそう。同プロジェクトは、その鹿肉・猪肉を有効活用するために始まりました。

現在では鳥獣食肉加工処理施設〈古座川ジビエ 山の光工房〉で鹿肉・猪肉を上質なジビエ肉へと加工し、安全・安心でおいしい「古座川ジビエ」ブランドとして、東京、大阪の高級飲食店をメインに販路を広げています。

2017年にはこの取り組みが評価され、内閣官房と農林水産省が選定する〈第4回ディスカバー農山漁村の宝〉のジビエグルメ賞を受賞しました。

ジビエを使ったサンドウィッチ

ジビエを手軽にサンドウィッチで!

こころうたれるボロニアソーセージ

こころうたれるボロニアソーセージ

この度発売された「こころうたれる」シリーズは、もっと気軽にジビエ肉を食べてほしいという思いから開発されました。

大きな特徴は、清流・古座川の豊かな自然環境のもとで育った鹿・猪を捕獲されてから2時間以内に選別し、処理加工していること。古座川ジビエは驚くほど臭みがなく、一流シェフからも高い評価を受けているのだとか。

こころうたれる焼肉(鹿肉/猪肉)

こころうたれる焼肉(鹿肉/猪肉)

今回は発売されたのは「こころうたれるステーキ(鹿肉/猪肉)」(2枚650円)、「こころうたれる焼肉(鹿肉/猪肉)」(200g 550円)、「こころうたれるボロニアソーセージ(鹿肉)」(5枚550円)、「こころうたれるコロッケ(猪肉)」(5個800円)、「こころうたれるハンバーグ(鹿肉)」(2個550円)の5つ。

こころうたれるコロッケ(猪肉)

こころうたれるコロッケ(猪肉)

同シリーズは、オンラインストアにて販売中。このプロジェクトでは、これからも古座川ジビエと古座川町のプロモーションに力を入れていくそう。古座川町にも、ぜひ一度いってみたいですね!

information

古座川ジビエ 山の光工房

住所:和歌山県東牟婁郡古座川町月野瀬851

代表者:野崎洋一

事業内容:鹿肉・猪肉の解体処理、販売

設立:2015年4月

電話:0735-72-6006

Web:古座川ジビエ 古座川ジビエ オンラインストア

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.