サイト内
ウェブ

和歌山の幻の柑橘「じゃばら」は花粉症に効く?! ただいまモニターを募集中!

  • 2019年1月21日
  • コロカル

すでに飛散が始まっているスギ花粉。つらい花粉症に効く? と噂の、幻の果実「じゃばら」。産地の和歌山県東牟婁郡北山村では、花粉症に対して本当にじゃばらが効用があるのか?! を調べるモニターを募集開始します!

幻の果実「じゃばら」

幻の果実「じゃばら」

じゃばらとは、昔から北山村に自生していた自然雑種の柑橘。その名は「邪気を払う」ほど酸っぱいことに由来します。

果汁が豊富で種もなく、風味が独特で、地元では縁起物としてお正月の料理などに珍重されていたゆえ、北山村の宝として村外不出で大切に育てられてきました。

じゃばら

近年、北山村では村おこしのために、この「じゃばら」をPR。しかし販売を開始するも、思うように売上は伸びませんでした……。そんな状況を変えてくれたのが、「じゃばらは花粉症に効く」とたくさん買ってくださったお客様だったのです。

じゃばらには他の柑橘に比べフラボノイドの一種である「ナリルチン」という成分が多く含まれており、花粉症への緩和にこの成分が注目されています。

2008年には、岐阜大学医学部より、じゃばらで花粉症の諸症状(くしゃみ、鼻づまりなど)が改善されたとの学会発表が行われました。

じゃばらの断面

2019年の北山村のモニター調査は、計3,000名を募集。2019年1月23日(水)より、1,000名ずつ、3回に分けて募集を行います。

モニターとなっていただいた方には、じゃばら果皮粉末、又はじゃばら果汁をプレゼント。1週間ほど毎日、試食または試飲し、Web上にて花粉症への効用を報告していただくのが条件です。詳細・応募はこちらから。

北山川観光筏下り

北山川観光筏下り

北山村雲海

北山村雲海

和歌山県東牟婁郡北山村は、和歌山県でありながら、三重県と奈良県に囲まれ和歌山県に接していない、全国でも唯一の「飛び地」の村。

北山村

北山村

村の97%を山林が占め、すぐそばを北山川が流れる、自然豊かな小さな村。人口もわずか450人だそう。じゃばらのほかにも、北山川観光筏下り、雲海、おくとろ温泉など、見どころがたくさんあるところです。

information

和歌山県北山村「じゃばら」花粉症モニター募集

募集期間:第1弾 2019年1月23日(水)〜2019年2月6日(水)。第2弾は、2019年2月7日(木)〜2019年2月19日(火)を予定。第3弾は、2019年2月20日(水)〜2019年3月11日(月)を予定。

募集人数:1,000名(3回実施で計3,000名)

対象:花粉症の方で、モニター期間終了後WEB上でアンケートにお答えいただける方

問い合わせ先:0120-928-933

Web:じゃばら花粉症モニター募集ページ

応募に際しての注意事項

※応募は、各回ひとり1回限りです。

※定員を超えた場合抽選になります。

※電話での申込みは受け付けていません。

※応募は、それぞれに必要となります。(1回のご応募で3回分の応募とはなりません)

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.