サイト内
ウェブ

八戸で自然派ワインのフェス〈Bon! Nature 2018〉開催。西荻窪〈organ〉も出店します!

  • 2018年9月16日
  • コロカル

ヴァンナチュールが一堂に会するワインフェス〈Bon! Nature(ボン ナチュール)〉が、青森県八戸市で、9月23日に開催されます。

3年目を迎える今年は、東京のナチュラルワイン業界を牽引する西荻窪のワインバー〈organ(オルガン)〉が初出店!

〈Bon! Nature〉とは?

〈Bon! Nature〉の会場にはナチュラルワインがずらり。

会場にはナチュラルワインがずらり。

2016年にスタートした〈Bon! Nature〉は、ナチュラルワインとおいしい料理を楽しむお祭りです。

ワインのインポーターと、八戸市と近隣の市町村の飲食店が集まり、花火を「Bon!(ボン)」と打ち上げるようなイベントを!ということで、『Bon! Nature』というイベント名に。

昨年開催された〈Bon! Nature 2017〉。

昨年開催された〈Bon! Nature 2017〉。

イベントを主催するのは、八戸市内に店を構える〈蔵の酒みろくや〉。店主の高松さんは、12年ほど前にナチュラルワインに出会い、そのおいしさに開眼したといいます。

日本酒文化の根強い八戸では、ワインを飲むという土壌がほとんどなく、居酒屋チェーンの飲み放題で出てくるような大量生産の安価なワインしか飲まれていませんでした。

それでも〈みろくや〉では10年以上ナチュラルワインを取り扱ってきました。

5年くらい前からナチュラルワインをメインに扱うワインバーやビストロなどが増えはじめ、少しずつではありますが、八戸でもワインが飲まれるように。

そして3年前、ついにイベントを立ち上げました。

昨年の会場は、江戸時代初期に建てられたとされる南部会館だった。

昨年の会場は、江戸時代初期に建てられたとされる南部会館だった。

今年の参加インポーターは、ヴァンクゥール、ヴォルテックス、ラシーヌ、ヴィナイオータ、日仏商事の5社。ナチュラルワイン業界を牽引するインポーターが揃い、約40種類以上のワインが出品されるとのこと。

前売券一枚につき、最大10杯分( 1杯約35〜40ml)まで楽しむことができます。

ワインの他に、市内外の8つの飲食店がおつまみを販売。

さらに、三軒茶屋〈uguisu〉・西荻窪〈organ〉のオーナー紺野真さんがスペシャルゲストとして登場! 〈organ〉で提供しているワインと料理のペアリングが、そのまま会場にやってくるんだとか。(こちらは、ワイン・料理ともに会費とは別途料金がかかります。)

この他、りんごや野菜、お茶、せんべいなどが並ぶプチマルシェも同時開催されるそうです。

ビストロの増加に、ワインイベント、さらに今年ついに八戸産のワインがリリースされるなど、ワインで盛り上がりを見せている八戸。

これまでワインに興味のなかった人も、これをきっかけに飲んでみては?

information

Bon! Nature

会場:デーリー東北ホール(本社ビル1階、しんぶんカフェ隣)

住所:青森県八戸市城下一丁目3-12

会費:前売券3500円 当日券4000円 ※グラス10杯分のチケット。食事は別途

問い合わせ:ボン!ナチュール事務局(蔵の酒みろくや)TEL:0178-22-3417

writer profile

Chihiro Kurimoto

栗本千尋

くりもと・ちひろ●青森県八戸市出身。旅行会社勤務→編集プロダクション→映像会社のOLを経て2011年よりフリーライターに。主な執筆媒体はマガジンハウス『BRUTUS』『CasaBRUTUS』『Hanako』など。東京在住ですが2020年に地元へUターン予定。Twitter

credit

credit

PHOTO:髙坂真

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.