サイト内
ウェブ

「下田インド化計画」? 人気料理ユニットを招いたイベントは、想定外の展開に…

  • 2018年5月23日
  • コロカル

南インド料理を「食べさせられ放題」!?

下田に移住して1年、少しずつ変わり始めたという津留崎徹花さん。そのひとつの表れが、下田で開催したイベントでした。南インド料理をつくるユニットを下田に招き、みんなで南インド料理を食べようというイベント。蓋を開けてみれば、なんと100人以上が参加(!)という大盛況に終わったイベント「下田インド化計画」とは。

Facebookのひと言からイベントに発展!

下田で暮らし始めて、自分のなかで少しずつ変わってきたことがあります。それは、思いついたことを何でもやってみようということ。例えば、昨年末に開催したパンの販売も人生で初めての経験でした。「やってみたい」と涌き上がってきたことを、「とにかく一度やってみよう」と行動に移せるようになったのは、下田に来てからの変化だと感じています。

それはなぜだろうか。ひとつは、東京にいるときよりも仕事をする時間が減り、時間的にも気持ちにも余裕ができたこと。けれど、おそらくそれだけではないのです。

私たちはこの1年でいろんな人と出会いました。自分たちが思い描いたことを着実に、楽しみながら実現していく人たち。そうした人たちと触れ合ううちに、ふと気づいたのです。もっと自由に、思ったことは自分が行動に移せばいいんだ。

伊豆白浜バーベキューガーデン

4月中旬に開催した「下田インド化計画」なるイベントも、そうした出来事のひとつでした。南インド料理をつくるユニット〈マサラワーラー〉を下田に招き、みんなで南インド料理を食べようという企画。「やりたい!」と声をあげたのは私だったのですが、そこから先は自分でも想像していなかった展開となったのです。

まさかこんなにトントン拍子で実現するなんて。まさかこんなにたくさんの人が集まってくれて、こんなにもすてきな会になるなんて。一歩自分が踏み出せばおもしろいことが始まる。このイベントを通して、あらためてそう感じています。

南インド料理をつくるユニット〈マサラワーラー〉が手がける料理

ことの発端は、下田に住む友人がFacebookにあげた投稿でした。何やらおいしそうな料理の写真に加え、こんな記述があったのです。

「年末都内某所某宅で、インドカレーをつくるマサラワーラー。日本中どこへもインドカレーづくりに出かけます。南インドのミールスが得意。この日はビリヤニもうまかったし、手前のインド天ぷらも、タレをつけて、フライングして食べてしまいました。うまい!」

ちょうどその頃、私はインドカレーにはまっていました。自宅の棚にはスパイスがずらり。マトン肉を取り寄せ、カレーを仕込むという日々を送っていたのです。南インド料理とは気になる。日本中どこへも、ということは下田にも来てくれるのでは? ということで、すぐさま友人のFacebookにコメントを書き込みました。「下田には来てくれないのかな? 食べたい!」と。

友人というのは下田在住の作家、岡崎大五さんです。とにかく顔が広くそして行動力のある人物で、今回のイベントはこの大五さんの存在なくしては成り立たちませんでした。大五さんはすぐにマサラワーラーと連絡を取り合い、そして下田に来てくれることが、ほんの数日で決まったのです。

「えー! ホントに来てくれるんだ?」いやはや、何でも言ってみるもんですね。

伊豆白浜バーベキューガーデン

開催が決まったとなると早急に会場を考えなくては。南インド、カレー、スパイス。そのイメージにぴったりな場所がある。

すぐに頭に浮かんだのは、白浜にある〈ガーデンヴィラ白浜〉という、私たちが家族が日頃お世話になっているペンションです。すぐ横には〈伊豆白浜バーベキューガーデン〉という広いBBQ広場が併設されていて、青く輝く海を望むそのスペースはとても開放的。

そんな空間で南インド料理を楽しめたら……、それはもう至福でしょう。ということで、翌週ガーデンヴィラ白浜さんにうかがい相談することとなりました。

ガーデンヴィラ白浜を営むのは、ご主人の宝田敏郎さんと奥様の友規子(ゆきこ)さん、娘さんの麻理子さんご家族。こんなイベントをやってみたいのだと内容を説明すると、「おもしろそう、おいしそう、食べてみたい!」と快諾してくれたのです。

こうしたイベントを開催するのは、ガーデンヴィラ白浜さんにとっても初めての試みとのこと。「みんなが楽しい時間を過ごせたらさ、それが一番いいじゃない」とご主人の敏郎さん。こういう風通しのよいすてきな方が下田にいる。それだけでとてもうれしくなります。

そして、このイベントをなんとしてもおもしろいものにしたいという気持ちが高まっていったのです。

南インド料理人ユニット、マサラワーラーのふたり

ここで、南インド料理人マサラワーラーのおふたりをご紹介します。あるイベントがきっかけで出会い、お互いに南インド料理をつくっていることを知った武田尋善さんと、鹿島信治さん。それ以来交友が始まり、一緒に南インド料理をつくるようになりました。

〈マサラワーラー〉のおふたり、武田尋善さん(右)と、鹿島信治さん(左)。

とにかく南インド料理をつくるのが楽しくて、つくりたいから食べてくれる人を集めよう! ということで、時折イベントを開催するように。それが、マサラワーラー結成の原点。

今回イベント用につくったチラシには「南インド料理を食べさせられ放題」とあります。つまり、つくった料理をマサラワーラーが食べさせたい、食べさせ放題というわけです。料理のおいしさと、おふたりの気さくなキャラクターが評判を呼び、いまでは日本全国から声がかかる人気のユニットなのです。

おふたりはマサラワーラーとしての活動のほか、別の職業でも活躍されています。武田さんは人気の絵描きさんで、今回のイベント用にチラシのイラストを描いてくれました。そして鹿島さんはシタール奏者で、インドでもライブを開催。〈CONTI〉というバンドで活動されています。

開催日の前夜、到着したマサラワーラーのおふたりを交えてスタッフが会する前夜祭となりました。初めてお会いするとは思えない、なんともリラックスしたムードのおふたり。大五さんがつくってきてくれた静岡おでんに舌鼓を打ちながら、お酒を飲みながら打ち合わせ。いよいよ明日が開催日、楽しみです。

開催当日、なんと天気は大荒れ……、まれにみるような横殴りの雨。せっかくのオープンスペースなのに残念……。と思っていたのもつかの間、しだいに空が明るくなり雨はやみ、開催時間になると清々しい風を感じられるまでに回復したのです。

奇跡! 

そうしたなか、続々とお客さんが集まり始めました。

今回の参加者は、大人81名に子ども25名の総勢106名。企画をしていた段階では、「50人を目標にがんばろう!」と話していたので、それはそれは驚きの展開でした。

笑顔とおいしいもので満たされた時間

いよいよ会が始まり、まずはマサラワーラーから南インドミールスについての説明がありました。「ミールス」というのは、数種類のカレーやつけ合わせを盛り合わせた、いわゆる定食という意味。今回はこのミールスを心ゆくまで、お腹がいっぱいになるまで食べ放題(食べさせ放題)という企画です。

現地でも、こうしたミールス食べ放題のお店があるのだそうで、インドの皆さんは手で食べているとのこと。今回はその現地のミールスに限りなく近いカタチを体験してほしいということで、バナナの葉っぱに載せたミールスを手で食べてみようと提案しました。

実際にやってみると、これが想像以上に難しいようで、皆さんなかなか苦戦している様子。けれど、この初めての感覚が妙に楽しい。そして、100人以上で一緒に初体験するこの一体感が、なんだかとてもうれしいのです。

ミールスのもうひとつの特徴は、カレーやライスをステンレスの容器に入れ、それをスタッフが配ってまわること。ストップ! と言うまでぐるぐる旋回しているスタッフがサーブし続けるというスタイルなのですが、配るほうも、バナナの葉っぱで受け止めるほうも、どぎまぎしながらでこれもまた愉快。

実際に配ってみると、給食を思い出すほっこり感もあり、なかなかに楽しいのです。そしてこれがスタッフとお客さんの交流のきっかけとなり、さらに会場にいい空気が流れ始めます。

快晴となった広場ではそれぞれが思い思いに時間を過ごし、子どもたちはハンモックやトランポリンで大はしゃぎ。お客さんも笑顔、スタッフも笑顔、会場はいい空気に満たされていました。

「楽しかったー! またやってほしい!」という言葉とともに、参加者が会場をあとにします。その姿を見ていたら、うれしさと安堵感がこみ上げてきました。

そして、ようやくスタッフもゆっくりと南インド料理を堪能。ちなみに、今回のこの企画で発起人となった私たち夫婦も、運営してくれた岡崎夫妻、そしてガーデンヴィラ白浜の宝田さん家族や従業員の方々は全員ボランティアです。ギャランティーはこのお疲れミールス。手で食べてみると……、食べにくい!

けれど、数種類のカレーとつけ合わせが絡み合ったこの複雑な味わい、そして吹き抜ける爽やかな風、最高じゃないか。本当に皆さまお疲れさまでした、そしてありがとうございました!

あらためて感じた、下田の土地と人の魅力

今回のこのイベントを通して、あらためてこの下田という土地の魅力を感じています。下田は東京から車で3時間、マサラワーラーのおふたりが軽自動車に食材を積んで来てくれるような立地です。そして、「やってみたい!」と思ったことに共感してくれる力強い仲間がいて、「おもしろそう」と集まってくれる人たちがいる。

イベントを開催するたびに、いつの間にか引きずり込まれているわが夫。「パンの販売とかカレーのイベントとかさ、不思議なことになってるね〜。なんか……楽しいね!」と。

これから先、まだまだ不思議なことを企てると思うのです。自分が一歩踏み出せば、新しいことが見えてくるから。

ちなみに今回、マサラワーラーさんがつくってくれた料理はこちら。

information

ガーデンヴィラ白浜

住所:静岡県下田市白浜2644-1

TEL:0558-22-8080

Web:http://www.gardenvilla.jp/

information

伊豆白浜バーベキューガーデン

住所:静岡県下田市白浜2642

TEL:0558-36-4885

Web:http://bbq-garden.jp/

文 津留崎徹花

text & photograph

Tetsuka Tsurusaki

津留崎徹花

つるさき・てつか●フォトグラファー。東京生まれ。料理・人物写真を中心に活動。移住先を探した末、伊豆下田で家族3人で暮らし始める。自身のコロカルでの連載『美味しいアルバム』では執筆も担当。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © Magazine House, Ltd. All Rights Reserved.