サイト内
ウェブ

どういうこと?駅舎が2つある〜(≧∇≦)そして温泉も併設!

  • 2016年8月5日
  • 珍鉄

長野電鉄長野線の電車に乗って、終点の湯田中(ゆだなか)駅のホームに降り立つと、おや? 線路を挟んだ両側にそれぞれ駅舎があります。これはいったいどういうこと?
そう、この駅には駅舎が2つあるんです。

ー長野県・長野電鉄ー(Nagano Pref.・Nagano Electric Railway)

駅員さんのいるほうの駅舎は、昭和30年11月に改築されたもので、こちらが現役の駅舎です。

そして、もうひとつの駅舎は、なんと駅が開業した昭和2年4月当時のものなんです。志賀高原への玄関口として山小屋風にデザインされ、多くの旅行客に愛されてきましたが、昭和31年に新駅舎に切り替わり役目を終えました。

そんな旧駅舎を平成15年4月に「楓の館」としてリニューアルしたのがこの駅舎なんです。おもに交流室や展示室として利用され、平成17年2月に「歴史的景観に寄与している」として国登録有形文化財に指定されています。

さて、湯田中に来たからには温泉に入りたいですね。駅周辺には多くの温泉旅館・ホテルがあります。

一泊する時間がないという方も心配ご無用。「楓の館」の前には無料の足湯がありますし、ちゃんとお湯につか入りたい方は有料ですが「楓の館」の隣に天然掛け流しの「楓の湯」がありますので、日帰りでもしっかり温泉が楽しめますよ。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 to-navita Co., Ltd. All Rights Reserved