サイト内
ウェブ

子宝温泉駅?!駅におりるとそこはもう温泉だった〜〜

  • 2016年6月15日
  • 珍鉄

ー岐阜県・長良川鉄道ー(Gifu Pref.・Nagaragawa Electric Railway)

列車を降りると、そこには温泉の入り口が! そんな夢のような駅がこの「みなみ子宝温泉(みなみこだからおんせん)駅」です。
駅の開業は平成14年4月。温泉入浴施設「日本まん真ん中温泉 子宝の湯」を併設していて、中部の駅百選にも認定されています。

ちなみに「日本まん真ん中」とは、駅のある郡上市美並町が平成2年から平成12年まで日本の人口重心点だったことからそう呼ばれるようになったのです。

温泉の泉質は、無色・透明のアルカリ性単純温泉で、神経痛や関節痛に効果があります。槇風呂、釜風呂、サウナといろんな種類のお風呂があり、なかでも露天風呂は長良川とその背後の山々の大自然を満喫しながら入浴できて大人気です。
施設内には温泉のほか、特産品販売コーナー、飲食コーナー、休憩室があり、ゆっくり滞在できます。
また、施設内に信号機が設置されていて、列車の到着時間を、青は30分前、黄は15分前、赤は5分前、と知らせてくれるので安心です。

なお、みなみ子宝温泉駅で列車を降りるときには、運転士さんから「降車証明書」を受け取ってください。温泉のフロントでそれを見せると通常600円のところ、200円で温泉に入れますよ。駅にもきちんと張り紙もありました!!

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 to-navita Co., Ltd. All Rights Reserved