サイト内
ウェブ

宮本武蔵気分〜♪ 武蔵の里巡りはいかが?

  • 2016年6月14日
  • 珍鉄

ー岡山県・智頭急行ー(Okayama Pref.・Chizu Express)

宮本武蔵といえば、江戸時代初期に活躍した剣豪で、巌流島での佐々木小次郎との決闘に勝利した話は今に語り継がれ、誰もが知るところですね。
さて、この駅の名前、なんと「宮本武蔵(みやもとむさし)」なんです。どうしてこんな駅名なのかというと、この地が宮本武蔵の出身地だから。全国にはほかにも人名から採られた駅名はありますが、人名そのままが駅名になっているというのは珍しいですね。

列車からホームに降りると、いきなり宮本武蔵の姿を描いた巨大な陶板画が目に飛び込みます。
駅前には、少年時代の武蔵・お通・又八の像があって、ここは本当に宮本武蔵のゆかりの地なんだということが実感できます。
そして、駅から1キロの範囲内には、武蔵生誕地の碑、武蔵資料館、武蔵道場、武蔵生家跡、武蔵像など武蔵に関わる史跡や、遺品などを展示した施設がいくつもあります。町では年に2回「武蔵剣道大会」も開催されているんですよ。
武蔵の里を巡ったあとは、日帰り温泉「クアガーデン武蔵の里」で汗を流してはいかがでしょう。また「武蔵の里五輪坊」では宿泊もできますよ。

しかしなんとも素敵な駅舎ですね〜^0^

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 to-navita Co., Ltd. All Rights Reserved