サイト内
ウェブ

年に2日のみ!!しかも数時間だけ現れる幻の駅!

  • 2018年6月21日
  • 珍鉄

岡山市内を走る路面電車といえば岡山電気軌道。岡山駅前電停から東山行きの電車に乗ると、やがて県内一の大河・旭川を渡ります。

ー岡山県・岡山電気軌道ー(Okayama Pref・Okayama Electric Tramway)

その旭川の河川敷では毎月第1日曜日に「京橋朝市」が開催されています。早朝から出店が並び多くの人でにぎわいます。
そんな「京橋朝市」ですが、5月と10月は日本全国から業者が集まる特別な日となり、いつも以上に大勢の来場者でにぎわうんです。

そんな1年に2日の特別な日にだけ現れる駅があるんです。

その名も京橋(きょうばし)臨時乗降場。朝市会場の入口に設置されるのですが、朝市の行われる始発から午前9時ごろまでの数時間しか電車は停車しないという超レアな臨時駅なんです。

 

 

停留所は道路面に黄色いペンキで四角を書いただけで、ホームもなければ駅名表示もありません。道路脇に「臨時電車停留場」の小さな札があるだけです。
営業時間は短いのですが、電車の本数は多いので、早朝の岡山に来ることさえできれば乗降することは難しくはありません。

ちなみに、営業が終わると黄色いペンキはきれいに消され、駅の痕跡はなくなってしまいます。年に2日、数時間しか現れないまさに幻の駅といっても過言ではありません。
こんな珍駅ファンの心をくすぐる駅、一度は利用してみたいですね。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 to-navita Co., Ltd. All Rights Reserved