サイト内
ウェブ

伊賀といえば??そうです!ホームに降りるとお出迎え!

  • 2016年11月22日
  • 珍鉄

伊賀市の中心部に位置しているのがこの上野市(うえのし)駅です。上野市は周辺町村との合併により、平成16年11月に市の名前が伊賀市に変わりましたが、駅名はそのままです。
もと近鉄の路線だったのですが、平成19年10月に伊賀鉄道に運営が変わり、現在に至っています。

ー三重県・伊賀鉄道ー(Mie Pref.・Iga Railway)

この奇抜なデザインの見ごたえのある駅舎は、大正11年に建築されたもので、伊賀鉄道の本社が2階に置かれているんです。
さて、伊賀と聞いて思いつくのが伊賀忍者ですね。この駅にもやはり期待通り忍者がいるんです。

列車からホームに降り立つと、さっそく忍者のお出迎え。手作りの忍者の人形が、この駅にやってきた人々を歓迎してくれます。
また、電車にも忍者が。漫画家・松本零二氏が車両にくノ一の顔を描いた「忍者電車」が走っているんです。
ほかにも、駅前の観光案内所など、町なかのいたるところで忍者に出会うことができます。そういえば駅舎も三角形の部分が忍者の頭巾に見えますね。

駅から500メートルほどのところにある伊賀流忍者博物館では、くノ一の案内による手裏剣やどんでん返しなどの忍術の体験や、忍者屋敷の仕掛け、忍者ショーなどを楽しむことができ、忍者になった気分が味わえますよ。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 to-navita Co., Ltd. All Rights Reserved