サイト内
ウェブ

かわいい?怖い?睨んでる?!鬼の顔駅舎〜♪

  • 2016年11月21日
  • 珍鉄

飯田線の山間部、東栄町にこの東栄(とうえい)駅はあります。

ー愛知県・JR飯田線ー(Aichi Pref.・JR Iida Line)

列車で駅に着くと、思わずギョッ。なんと鬼がこちらを睨みつけているではありませんか。そう、東栄駅の駅舎は鬼の顔をしているのです。なぜ鬼の顔をしているのでしょうか?
これは地元に伝わる伝統芸能「花祭り」の鬼の面を形どっているんです。

「花祭り」は神人和合・五穀豊穣・無病息災を願い、毎年実施され、今年は11月中旬から大きく11エリアで開催され1月に布川でフィナーレを飾ります。町の住人が鬼の面を着け、太鼓や舞いを夜通し行なうお祭りです。室町時代から続く700年以上の歴史があり、国の重要無形民俗文化財に指定されているんです。
駅前には「花祭り」に登場する等身大の赤鬼・青鬼が展示されているので、祭りを見られないときは、これでその迫力を感じることができますよ。
東栄町の役場へは約10キロ、駅前からバス15分。役場付近には「花祭り」の会場や、露天風呂のある「とうえい温泉」があります。

さて、この鬼の顔をした駅舎は平成4年2月に改築されたもので、併設されている「ふるさと文化交流館」には、地元の観光案内や特産品の展示が行われています。また、平成23年5月には駅舎内に喫茶店「ちゃちゃカフェ」がオープン。軽食をとりながらの列車待ちもいいですね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 to-navita Co., Ltd. All Rights Reserved