サイト内
ウェブ

初めてのファミリーキャンプに挑戦!?”これだけ押さえておけば良し”なメソッド公開

  • 2019年4月23日
  • CAMP HACK

今年こそ挑戦したい憧れのファミリーキャンプ!でも、何からはじめたらいいのか分からない。そんな声に答えるのがこの企画。安心してファミリーキャンプをするためのノウハウを伝授します。

はじめてのファミリーキャンプは、事前の準備が大切!


「子どもも大きくなってきたし、今年こそはファミリーキャンプに挑戦したい!」という方も多いのでは? でも、具体的になにから準備すればいいのか分からない……という声をよく聞きます。

そこで、はじめてのファミリーキャンプを成功させるためのノウハウを伝授! これを覚えておけばファミリーキャンプをバッチリ楽しむことができますよ。それでは参りましょう!

カギはテント選び!選び方はこの3つのポイントを見ながら行うべし

出典:PIXTA
キャンプで最も重要なアイテムは、そうテント! 厳しい自然環境の中でわたしたちを優しく包んでくれるテント選びに、キャンプの成否がかかっていると言っても過言ではありません。

でも、どれを買えばいいのか分からない、安い買い物ではないから失敗はしたくない、という方も多いことでしょう。これからキャンプを始める方のテント選びに押さえておきたいポイントを3つご紹介します。



1 簡単に設営できるもの
2 メッシュ付きであること(換気用)
3 コットン100%は× ポリエステル素材を

基本のクロスフレームやワンポール式など、簡単に設計できるものを選び、インナーに換気ができるメッシュが備わっていること。さらに注意したいのが素材! コットンだと風合いが良く憧れるのですが水分を吸うと驚くほど重たくなり、さらにはすぐにカビてしまうという難点が。ポリエステル素材を選ぶのが無難でしょう。

事前に練習を!テントを家で立ててみよう

さぁ必要なものを購入したら、早速キャンプ場へLet’s Go! という前に、一度、自宅でテントを立ててみることを強くオススメします。なぜか? それは、テントの立て方がわからずキャンプ場で何時間も四苦八苦することになるから。

はじめてのキャンプであれば、自宅や近くの公園での試し張りは必須です! 今回はヘーベルハウスのモデルハウスの屋上をお借りしての設営です。

それでは、実際に手順を確認しながらテント設営のコツを伝授していきます。

その1 インナーテントを広げる


今回のモデルテントは、キャンパーの中で人気になっているワンポールテント。はじめてのテントでも、簡単な設計になっているので安心です。

まずはインナーテントをしっかりと広げましょう。そしてワンポールテントの場合はペグを打ち込みます(今回は屋上なので重りで固定)。

キャンプ場では広げる前に、テントを立てようとしている場所に十分なスペースがあるか、木の根っこや石が地面にないかも同時に確認します。

その2 ポールを立てる


ワンポール式であればポールは1本なので簡単。インナーテントの中央にポールを1つ立てるだけで終わり!

テントの種類によっては、ポールの本数、通す順番、向きなどが決まっているものもあるので、説明書を確認しながらポールを通していきます。

その3 フライシートをかけて固定


フライシートをかぶせたら、自在ロープなどを使ってシートをきちんと張るようにします。この作業をしないと、フライシートとインナーテントが接してしまい、フライシートに付着した結露が中に浸み込んできてしまいます。

どうでしたか? 意外と簡単じゃないですか? 慣れてしまえば、10分ほどで完成させられるようになるはずです。

ついでにレイアウトもして宿泊してみよう


テントが立ったら、せっかくなのでリビングスペースもレイアウトして自宅でテント泊してみましょう。実際に一夜を過ごすと、「あ、栓抜きがない!」「リビングからティッシュ取ってきて!」となるはずです。そこで使ったものは、キャンプで絶対に必要になるもの。何が必要だったかメモを取り、持ち物リストに追加していきましょう!


広い庭があればいいけど…。ヘーベルハウスの家ならキャンプの準備もしっかりできる


タープなどを張り、その下にレイアウトするのですが、なにをどう配置すればいいのか悩む方もいるかもしれません。しかし、まずは難しいことは考えず、テーブルとチェアを家族の人数分揃えればOK。
ふだんはママが調理担当でも、キャンプとなればパパの出番! アヒージョやバーベキューなど、腕が鳴ります
こんなに広々とキャンプサイトを展開できるのは、ヘーベルハウスが推奨する「アウトドアリビング」のおかげ! アウトドアリビングとは、屋上やバルコニーといった屋外空間を生活の場としてリビングのように活用する生活スタイルのこと。

フラットな屋根が特徴のへーベルハウスなら、広い屋上を確保することが可能です! 屋上にテントを持ち込めば、それだけで自宅がキャンプ場に早変わり。週末だけでなく、平日でも気軽に家族でキャンプ体験ができる上、渋滞に巻き込まれることもないのはうれしいポイントですよね。

CAMP HACKコラボの冊子配布中!アウトドアリビングをチェック

アウトドアリビングを体験しに行こう!

提供:HEBEL HAUS
へーベルハウスが提案するアウトドアリビングのスタイルは屋上の他にもまだまだありますよ! 1階の玄関先の軒先をぐーんと広げ、隣り合うリビングの一部のように活用できる「のきのま」。そして、見上げれば空が広がり、屋外なのにまるでひとつの部屋のように使える大きなベランダ「そらのま」など、アウトドアを暮らしに取り入れたくなる仕掛けがたくさん。

その魅力は、実際に体験してみないと分からない! 今度の休日は、近くの展示場に足を運び体感してみよう!

アウトドアリビングが体験できる展示場特設サイトはこちら

 

Sponsored by HEBEL HAUS

>>CAMP HACKでこの記事を読む

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。