サイト内
ウェブ

じつはコスパ最強!?買い替え不要の無敵テント10選

  • 2018年5月15日
  • CAMP HACK

最強テント

キャンプの顔となる「テント」。どのギアよりも一番こだわりたいアイテムですが、せっかく購入したテントも自然の脅威を前に壊れてしまうことも少なくありません。今回は、厳しい環境の中でも耐えれるスペックを有した「最強」のテントたちを紹介します。

アイキャッチ出典:instagram by @shuta75

雨風にも強い最強のテントを!

快適なキャンプを楽しむのに重要なギアといえば、その筆頭がテント。

ロープライスのテントでキャンプライフを開始、晴天時は良かったものの、強風や雨にテントが耐えらず。買い替えを考えた経験はないでしょうか。

大は小を兼ねる。ならぬ、ハイスペックはロースペックを兼ねる。です。

これと決めた一生モノの最強テントを早々手に入れてしまうと実は経済的で、なにより快適。

今回は悪天候にも負けない、買って損なしの一生モノのテントに迫ります。

こんなテントは最強!

・夏でも冬でも一年中使える構造
・大雨にも耐えられる充分な生地
・強風でも折れにくいポール
・見た目もかっこいい!

コールマン「ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーンⅡ」

「どんな環境でも快適に」というコンセプトで作られるコールマンの「ウエザーマスター」シリーズ。

快適に過ごすための「ベンチレーションシステム」雨の日も外の様子が伺える「クリアウィンドウ」生地とポールの両方にテンションをかける「ストームガードシステム」などなど、まさに全天候マスター。

●耐水圧:約3,000mm(フロア:約10,000mm)
●定員:4~6人用
●インナーサイズ:約360×240×195(h) cm
●重量:約30.0kg 本体/約16.3kg ポール/約11.1kg 付属品/約2.6kg
●材質:フライ/210D ポリエステルオックスフォード(UVPRO、 PU防水、シームシール、テフロン撥水) インナー/68Dポリエステルタフタ フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール、PVC補強) ルーフ/75Dポリエステルタフタ (UVPRO、PU防水、シームシール、テフロン撥水) ポール/(メイン、サポート、センターサイド)アルミ合金約φ 19mm  (センタールーフ)アルミ合金約φ16mm  (ミドル)アルミ合金約φ14.5mm  (キャノピー)スチール 約φ19mm、長さ180cm
●仕様:キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、コード引き込み口、メッシュポケット、ランタンフック
●付属品:ルーフフライ、キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

スノーピーク「ドックドーム Pro.6」

スノーピークのプロラインは最もハイスペックなシリーズ。ヘビーユーザーや厳しい環境下での使用が想定されたタフなモデル。

アウトフレーム構造のドックドームプロはシェルターとしても使える多機能さも強み。

ロゴス「プレミアム PANELストロングGドゥーブル」

こちらはロゴスのプレミアムラインのフラッグシップ。2ルームで居住性の高さと優れた耐風性を両立させた快適安心なテント。

出典:logos
ポールをクロスさせた「筋交い構造」のパネルシステムを採用し、クローズした際の強度が大幅に向上。2本のキャノピーポールで支えるだけで全室のタープに。

ノルディスク「オップランド」

全高が低いトンネル型で強風下でも安心の優れた耐風性。前室には大きな通気孔があり、悪天候時に内部での調理も可能。

ポールは強さと粘さ、耐熱性のバランスに優れたDAC素材で柔軟かつ強靭。3人設定で前室も充分にあるテントながら、3kgという軽さを確保。

ヒルバーグ ブラックレーベル「ケロン」「サイタリス」

世界の探検家も愛用!「ケロン」

ブラックレーベルはヒルバーグ中最も多様性に富むシリーズ。中でもケロンは世界のエクスプローラーに愛される極地遠征にも使われるテント。

最高度の耐久性と耐風性にくわえ、広い室内と前室。極地遠征といったタフな用途に適する一方、リラックスしたキャンプ地でも快適に過ごせます。

強さと広い室内を両立「サイタリス」

耐久性と居住性が追求されたサイタリス。最大4名が並べる全幅と125cmという全高ながら強風にも耐えるスペックで厳しい環境下でも快適。

広い前室にはギアがまるごと収納できるため、雨天でも快適な寝室をキープ。さらに設営もシンプルでかんたん。

ノースフェイス「バスティオン4」

4シーズン&極地対応のエクスペディション用山岳テント。フライからキャノピーさらにポールにいたるまで全ての素材を見直すことで軽さと強度が向上。

スペックに劣らずデザイン性にも優れ、山でもキャンプ場でも映える切り返しのツートンカラー。

マウンテンハードウェア「トランゴ4」

ヒマラヤ遠征でも数多く使用される極地仕様のダブルウォールテント。山岳テントながら前室も広く、高い耐風性と居住性を両立。

前室のフロントには強風による雪しぶきを防ぐスノーフラップ まで装備。テーピング処理されたバスタブ型フロアはガイクリップアンカーを備えた防水保証構造。

MSR「ストームキング」「ハブ」

嵐に耐えうるスペック「ストームキング」

出典:msr
「キング」の名を冠された高耐久のベースキャンプテント。前室は広く、人数分のギアを収納できるほどのスペースを確保。

ストームキング
出典:msr
入口形状がバージョンアップされ、本モデルでは換気性も向上。後部にも入口を備えているため内部へかんたんにアクセス可能。抜かりなくスノースカートも装備。

ヒマラヤの厳しい環境にも対応!「ハブ」

プロ登山家のヒマラヤ遠征にも使用されるベースキャンプテント。直径22㎜の極太ポールを採用することで居住性と耐久性を確保。
トンネル型ながら全高が高くかがまずに出入りが可能で長期滞在も快適。まさにヒマラヤスペックの本テント、お値段もしっかりヒマラヤ級。

最強テントを買っておけば間違いなし

テントにもとめられるものはユーザーやシーンによって様々ですが、一度手に入れてしまえばほぼすべての面で幸せになれる最強テント。

買い替えの必要なし、一生モノを手に入れてみてはいかがでしょうか。

見た目にもっとこだわりたい方は要チェック!

男前なテントも見逃せません。

Outdoor can enjoy the strongest tent in any environment.

最強テントならどんな環境でもアウトドアが楽しめる。

>>CAMP HACKでこの記事を読む

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。