サイト内
ウェブ

これだけは揃えたい!初心者がまず手に入れるべき3つのキャンプ道具

  • 2018年3月6日
  • CAMP HACK

キャンプ初心者の入門特集!キャンプを始めたいけど何から買えばいいのか分からない…そんな疑問を解決するためのひとつの回答をここで提示します。極限まで抑えた、たった3つのキャンプ道具たち。これらを手に入れればあなたもキャンプにハマるかも!

アイキャッチ画提供像:編集部

いきなり全部のキャンプ道具は揃えられない

img_7089
撮影:編集部
キャンプを始めるために、道具を買い揃えようとお店に行ってビックリ! 予想以上にお値段が高くて意気消沈……なんて声を耳にするほどキャンプ道具一式の総額はかなりの額になります。

確かに一気に全てを揃えようとすると、金額が大きくなってしまいますが、なにも全てを揃えなきゃキャンプが出来ない訳ではありません。

img_5243_2
撮影:編集部
今回は、ビギナーのために「最低限必要な3つの道具」をご紹介。予算も現実的、且つあなたのキャンプ熱を冷まさないためのアイテムたちを教えますよ!

先輩キャンパーと一緒にキャンプへ行こう

まず、キャンプが趣味という友人や知り合いと一緒にキャンプへ行ってみてください。先輩キャンパーがいればもしもの時も安心ですし、テントやタープ、バーナーなど共通で貸してもらえばグッとハードルは下がります。

 

まずは「3つ」だけ。自分のMYキャンプ道具を手に入れよう

img_6434
撮影:編集部
先輩キャンパーに連れていってもらえても「何も持っていない」ではおんぶに抱っこですよね。借り物でキャンプをすると、いまいち自分の体験になりません。楽しんでいても「汚してしまった!」「洗って返すね」など面倒なやりとりが行われてしまいがち。これから紹介するギアは、そんな気持ちにならずあなたが心からキャンプを楽しむための神器たちばかり!


その1. チェア

img_0740
撮影:編集部
まずは一人ひとつが絶対に必要となるチェア。決して軽いものではないですし、チェアは自分で持参の上お邪魔するほうが気を使わなくて済みます。

選ぶ際のコツとしては、コンパクトで軽いものの方が持ち運びに便利で融通が利きます。先輩キャンパーの車にお邪魔するような移動方法であれば尚更コンパクトの方がいいですね。

おすすめグッズ①【ヘリノックス チェアゼロ】

500mlのペットボトル程の重さしかない超軽量モデルのキャンプチェア。キャンパーから人気の高いヘリノックスの現在最も軽いタイプのチェアです。対荷重も120kgなので成人であれば安心の性能。


おすすめグッズ②【コールマン  レイチェア】

背もたれが高く、肘置きも付いているので、ゆったりとくつろげるリラックスチェア。コンパクト性は高くないですが座り心地重視なら断然このタイプです。リクライニング機能も付いているので、うたた寝も大歓迎。イスに座って星空を眺めるなんてこともできちゃいますよ。

おすすめグッズ③【スノーピーク ローチェア】

リラックスできる座り心地でありながらも、食事や調理もしやすい程よい高さのチェアです。ローチェアのシリーズはすべて落ち着いた色合いなので、どんなサイトにも合わせやすく大きすぎない収納サイズです。






その2. コップ&カトラリーなどの食器類

出典:楽天
カトラリーは余分に揃えている人も多いので、実際には持っていかなくても借りられるアイテムでもあります。でも、自分の持ち物で食べるアウトドア料理は格別です! 「私はキャンプデビューしたぞ!」と強く実感が沸くので楽しみも倍増するはず。

割れにくいものであれば、アウトドアブランドのものでなくても大丈夫なので箸、スプーン、お皿(深め・浅め)は用意しておきましょう。

おすすめグッズ①【ユニフレーム スプーン&フォークセット

THEキャンプというような収納性のギミックが搭載されたチタン製のカトラリー。スプーンとフォークのセットなのでキャンプ中の食事はこれでほとんどカバーできます。チタン製の漂う高級感はあなたのキャンプ熱を保温してくれるはず。


おすすめグッズ②【モンベル チタンスプーン&フォークセット】

チタン製で軽量かつ丈夫なスプーン・フォークのセットです。この2本があれば食事には充分!カラビナでまとめることもできるので、失くす心配も少なく登山やツーリングにも向いています。ケースが付いていないのでお気に入りのケースを準備して使ってください。


おすすめグッズ③【スノーピーク トレック1400】

フライパンと浅型のフライパンがセットになったアルミ製クッカー。お米なら3合まで炊ける大容量! これひとつで調理やお皿としてなど大体まかなえます。同じシリーズ同士でスタッキングも可能なので人数に合わせた使い方も可能。


おすすめグッズ④【シートゥーサミット デルタキャンプ セット】

プレート、ボウル、マグ、カトラリーが揃っているビギナーには嬉しいセット。これさえあれば、ひとまずお皿などの心配はいりません!ブルーの他にもオレンジ色など展開あり。




その3. 寝袋/シュラフ

koukyuu
出典:NANGA
先輩キャンパーなら寝袋さえも何個も持っている人もいるでしょう。しかし「寝袋を買った」という事実があなたのキャンプ熱を加速してくれるはず。そして寝袋を買うなら一切妥協してはいけません。決して安くないアイテムですし、寝袋の良し悪しがキャンプの快適さを決めると言っても過言ではありません。

その他にも防寒着や、動きやすいシューズなどは最低限揃えておきましょうね。

おすすめグッズ①【モンベル アルパインダウンハガー800 #3】

初心者にまずオススメするのは、モンベルの寝袋です。販売店が多いので相談や修理にも出しやすく、寝袋自体の価格も抑えられています。この#3は、冬以外の3シーズン使える万能性が◎。入門編にちょうどいい寝袋です。

spacekey_affiliate_shortcode key=8 title=”モンベル アルパイン ダウンハガー800 #3″]

おすすめグッズ②【ナンガ オーロラ450DX】

表地に防水・透湿素材を使用しているタイプの寝袋です。なので寝袋の宿敵「結露」などの水滴に強く、シェラフカバーが不要。3シーズン対応の暖かさもあり、コンパクト性も程よくバランスのとれた名品です。




おすすめグッズ③【イスカ  エア 300SL】

立体的な3D構造を採用しているイスカの寝袋。寝心地は間違いありません。表面の生地には超撥水素材を使用し、結露対策もバッチリ。300SLは、上2つの寝袋より保温性は劣りますがコンパクト性はバツグン。


「キャンプは楽しい」を120%で体感するために

8 ただ連れて行って貰うだけじゃなく、自分でもアイテムを揃えてキャンプに挑めば先輩キャンパーも「おっ!やる気だな。」と快く連れて行ってくれるはず! キャンプは楽しいものです。深く考えずに、まずはその第一歩を踏み出してみてください。

 

Let’s go camping with seniors!

まずは先輩キャンパーとキャンプに行こう!

>>CAMP HACKでこの記事を読む

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。